フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2018年03月12日

「価値判断」は、他から受け入れた記憶のゴミのようなもの

★今日のフレーズ:
超訳般若心経―“すべて”の悩みが小さく見えてくる」(境野勝悟/三笠書房)より

『この「価値判断」は、自分のものだと勘違いしていたが、よく考えると、みんな他から受け入れた記憶のゴミのようなものだ。』(p233)


★解説:

 ハタチごろまでに結婚しなければ、
 行かず後家だの甲斐性なしだの、
 人間失格と看做された時代がありました。

 マイホームを買うことが無上の価値――
 そんな喧伝のままにローンを組み、
 こぞって新築一軒家を求めた頃もありました。

「それらは数ある価値観の一つでしかない」
 そう気づいている人が、今や、
 かつてよりずっと増えている気がします。

「自分自身の人生を生きる」ということ。
 それは、自分がもつ価値観を把握し、
 その価値観のルーツに気づき、その上で、
 取捨選択や、新たに創造をしていく、
 結果やプロセスのことなのかもしれません。 



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 自覚か無自覚かでどえらい違いが出ますよ。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:

超訳般若心経―“すべて”の悩みが小さく見えてくる (知的生きかた文庫)

境野勝悟 三笠書房 2012-12
by ヨメレバ

よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2018年03月11日

自分の飯の汁の量も予めわからないのでは、人の気持ちがわかるはずもない

★今日のフレーズ:
逆さメガネで覗いたニッポン」(/)より


『氏康は、いま息子の氏政が飯にかける汁をつぎ足した。自分の飯にかける汁の量もあらかじめわからないようでは、まして人の気持ちがわかるはずもない。この戦国で家を保てるはずがないだろう。そういった。』(p117)


★解説:

 戦国時代、関東の大名だった北条家は、
 三代目氏康の代に一大版図を築き上げ、
 その子である四代目氏政が存命の内に、
 五代目氏直を最後に領地を失いました。

 汁をつぎ足す、イコール家が滅ぶ、
 というわけではないでしょう。
 しかし人生の決断が万事おざなりだと、
 いずれ文字通り、露頭に迷いかねません。

 まして、自分自身の内面を、
 よく見つめることさえもできずに、
 他人を公正に見つめるのは、難しい話。

 それでも寄り添ってくれる人がいるなら、
 一生かけて大切にすべきですよ。



★今日の音声動画:

 朝令暮改と決断があやふやなのとは別物。





 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:

よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2018年03月09日

何もできないならせめて笑顔だけでも振りまく

★今日のフレーズ:

伸びる男とダメな男はすぐわかる」(道場六三郎/新講社)より

『「何もできないならせめて笑顔だけでも振りまけ。それで周りの人たちが明るい気持ちになるなら、それも立派な取り柄のうち」と僕はいつも言っている。』(p14)


★解説:

「無財の七施」と「和顔愛語」。
 ふたつの仏教用語に共通しているのは、
 愛と慈しみのある「言葉」と「表情」。

 金銭や資産の有無に関係なく、
 身体に特段の障害がない限り、
 成人なら誰もが可能な「布施」
 つまり功徳、善行、人助けです。
 
 やるやらないは個人の自由。
 ただ、与えたものが返ってくる――

 それがこの世の法則ということだけは、
 笑顔には笑顔が、不機嫌には不機嫌が、
 向け返される現実を見ても、確かです。 



★今日の音声動画:

 笑顔と上機嫌は最高のボランティア。




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:
伸びる男とダメな男はすぐわかる

道場六三郎 新講社 1997-09
by ヨメレバ

 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2018年03月07日

使われやすい人間は必ず伸びる

★今日のフレーズ:
伸びる男とダメな男はすぐわかる」(道場六三郎/新講社)より

使われやすい人間は、必ず伸びる。』(p12)


★解説:

 あなたが、部下や後輩に仕事を頼むとして。
 いつも無愛想で、嫌そうに引き受ける相手と、
 いつもハキハキと愛想よく引き受ける相手と、
 どちらが頼みやすいでしょう。

 頼みやすい相手には、次もまた頼みたくなり、
 頼まれる側としては、経験を積む機会が増え、
 やがて「頼むならこの人」な分野ができます。
 
 この「頼まれ分野」が確立した人は、
 社内でも、独立しても、必ず活きるのです。


★今日の音声動画:

 魅力とは「また会いたい」。


 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:

伸びる男とダメな男はすぐわかる

道場六三郎 新講社 1997-09
by ヨメレバ

よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2018年03月05日

会議では「要するに何が言いたいか」を●●●述べる

★今日のフレーズ:
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ」(河野英太郎/ディスカヴァー・トゥエンティワン)より

会議は持論を主張したり、質問したりする場面の繰り返しですが、そのすべてで「要するに何が言いたいか」を冒頭で述べることです。』(p51)




★解説:

 どんな会話の場面にも、勘所があります。
 ただの雑談なら、大抵話すこと自体が目的で、
 結論などよりも会話が連鎖することが大切。
 暇を楽しく喋って過ごせればいいのです。

 逆に会議や集会は、皆が各々時間を割いて、
 わざわざ一同に介する、高コストな会話。
 そこで雑談のように、結論を無視したように、
 周辺ストーリーばかり話し続けると――?

 何であれ、自分の「話したい」を満たす間、
 聞き手の時間、あるいは人生を、寿命を、
 確実に、削ってもらっているのですから。

 相手の人生を大切にする形で話すことが
 どれだけの味方を生むか、計り知れません。



★今日の音声動画:
 
 自惚れもTPOでウィットになるわけです。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:

99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ

河野英太郎 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-03-12
by ヨメレバ

よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ