フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年06月11日

幸せの三信条「まあいいか」「それがどうした」「人それぞれ」

 
男子の作法」(弘兼憲史/SBクリエイティブ)より


『僕は幸せになるための

 3つの信条として「まあいいか」

「それがどうした」「人それぞれ」

 ということを言ってきた。』(p180)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 現実逃避をしない。

 他者の意見や価値判断に無闇に依存しない。

 自分と他人を、ひいては人間同士をみだりに比較しない。

 

 “三箇条”それぞれに、私なりの補足解釈を入れるなら、

 上のようになるでしょうか。



 つまるところ、

 「自分は自分、他人は他人」と踏まえた上で、

 自分自身の現実をこそ真剣に生き、

 自分自身の人生への責任をこそ、自分で負う――

『現実を受け入れて「まあいいか」と楽しむことができる身軽さをもつ。いい意味での諦めでもある。...
 現実を受け入れたら「それがどうした」と開き直れる。...
「人それぞれ」というのは、人と比べないということだ。
 幸せの尺度は、人それぞれ違う。』(p180-181)


 幸せで在ることに、努力も苦労もいりません。

 しかし、覚悟と忍耐は必要です。



 忍耐といっても、辛いことに耐え忍ぶ意味ではなく、

 自分の内面を幸せの状態に忍耐強く置く、ということ。



 確かに生半可なことではありませんが、

 そのガイドにもなる言霊、とも呼べるのが、

 今日のフレーズの「三箇条」ではないでしょうか。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


男子の作法 (SB新書)

弘兼憲史 SBクリエイティブ 2017-01-06
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年06月10日

行ないは自分のもの、批判は他人のもの


男の器量」(童門冬二/三笠書房)より


『勝海舟に有名なことばがある。それは、

「行ないはおれのもの、批判は他人のもの、

 おれの知ったことではない」

 というものだ。』(p197)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 他人の批判に心が苦しくなった時、

 今日のフレーズはぜひ、思い返してほしい言葉です。

 

 そして、実際に相手に同じ意味の言葉を言い返すと、

 その反応によって、相手の人格的器量も推し量れます。

 (もちろん、正々堂々と言えないと逆効果ですよ)

『忠臣は二君に仕えず、という...
 海舟には海舟で、言い分があったのだろうが、それを説明すれば長くなる。また、こういう説明は長くなればなるほど言い訳にとられる。江戸っ子である海舟は面倒臭くなって、冒頭のようなことばをはいたのだろう。...
 彼にいわせれば、「おれは日本人で、別に徳川人じゃない。仕えているのは日本の国だ」というような気持ちがあった。』(p197-198)


 あるいは、この分析を鑑みれば、

 勝海舟が持っていた、視点と志の高さも感じられます。
 


 一本大きな芯、確固たる基本理念と呼べるものがあると、

 他者の些末な批判程度に動じずにいられるようになる――



 それはなにも、国家を動かすような、

 スケールの大きなものである必要はありません。



 あなた自身にとって本当に大切なもの、

 一番に優先したいものを見出す、ということですね。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


男の器量 (知的生きかた文庫)

童門冬二 三笠書房 1992-08-01
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年06月09日

ままならない状況は、オバケみたいなもの

 
緋弾のアリアXXV 羅馬の軍神星 」(赤松中学/KADOKAWA)より


『「ままならない状況は、

 オバケみたいなもの。

 背を向けて対決を先送りにしてたら、

 どこまでもついてくる。

 やっつけるには、

 正面を向くしかないのよ」』(p139)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 ひとつの同じ現象、同じ状況を、

 どのように受け止め、解釈し、応じるか。

 人生はまさにその連続といえます。



 そして、現象や状況が起きてくることは、

 まず止めることはできませんし、

 起きたことそのものを、

 変えることもできません。



 「ままならない」のは、そのことを忘れている、

 というサインとも言えますね。

『「ありがとう。確かに、ちょっと気弱になってたかもね。最初に倒すべき悪は、あたしの心にいるそのオバケだわ」』(p140)
『「一夜にして全てを失って……後悔してるのか?」...
「逆よ。なんだか、今夜は楽しいの。飽き飽きしてた...世界が輝いて見える。こんなのは生まれて初めてのことなの。...それは、あたしが独立したから。最初は少し凹んだけど、今はワクワクしてるわ」』(p149)


 逆境に遭遇した時、それでも前を向ける人。

 それは、決して気丈に無理をしているのでなく、

 現実を直視した上で、自らの糧とする見方が、

 できているだけにすぎない、ということです。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


緋弾のアリアXXV 羅馬の軍神星 (MF文庫J)

赤松中学 KADOKAWA 2017-04-25
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年06月08日

幸せに成功するコツは下半身にある

 
幸運を引き寄せる 朝の習慣 」(佐藤伝/中経出版)より


『幸せに成功するコツは、

 下半身にあることは

 間違いありません。』(p142)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 “コツ”として挙げられるものは、

 もちろん今日のフレーズのもの以外にも、

 きっと無数にあることでしょう。



 しかし、基本的に大多数の人にとって有効で、

 なおかつ今日からでも心がけられるもの、

 となると、自ずとのその種類は絞られます。

『足を満たすと書いて「満足」。...
 全身の筋肉の約七割が、下半身に集中している事実をご存知でしたか?
 下半身の筋肉が弱ってくると、一気に老化が加速します。』(p142)
『おすすめなのが自転車です。
 自転車のペダルをこぐことで、自分の体が喜んでいることを実感できます。ペダルのひとこぎが、夢へのひとこぎとなるのです。』(p143)


 身体的ハンデがあるなどの場合は別としても、

 普通に歩いて日常生活を送れているのなら、

 「ちょっと下半身を意識する」のは充分可能です。



 自転車のみならず、軽くカカトを上げたり、

 膝裏を伸ばして歩いたり、四股を踏んだり。

 まだ、下腹を意識したいわゆる丹田呼吸や、

 裸足で土の上に立つだけのアーシングなど。

 

 下半身やそれに近い人体の箇所を

 活用するものが多いのは、その効果と、

 重要性の裏付けではないでしょうか。







 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


幸運を引き寄せる 朝の習慣 (中経の文庫)

佐藤伝 中経出版 2012-01-27
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年06月07日

人の心は氷山にたとえられる

 
No.1理論 」(西田文郎/三笠書房)より


『人間のは、しばしば

 氷山にたとえられます。』(p191)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「氷山の一角」のたとえは、

 いわゆる「潜在意識と顕在意識」を説明する際、

 よく用いられる通説になっています。



 「Aのようにしよう」

 と、顕在意識で(=意図して)思い、行動しても、

 潜在意識(=無意識)に、

 「Bのようにしよう」

 と動くようにインプットされていれば、

 Bを優先するように自然と動いてしまう――



 それは、まさしく顕在意識は氷山の一角で、

 意識の大部分は、潜在意識で占められているから。

 その比率は諸説ありますが、

 意識全体を100%としたときに、

 顕在意識が占めるのは1〜10%にすぎないといいます。

 表現としては変ですが、秘めたるエネルギー量や、

 いわばその馬力出力に、圧倒的な物量差があるのです。

『意識では「ヒットを打とう」「高めのボールは見逃そう」と思っても、潜在意識に焼きついた失敗のイメージに支配され、見逃すべき高めのボールを振ってしまう。このように私たちの行動の大半は、思考や意志など意識の力ではどうにもならない、潜在意識に支配されています。』(p192)
『「失敗しない」「負けない」……こんな言葉は逆効果』(p132)


 では、どうしようもないのかというと、

 実は潜在意識に干渉する方法は、あります。

 そのひとつが、著者の西田さんが提唱する、

 いわば“脳をだます”方法論。



 詳しくは、同氏の著書をお読みいただくほうが、

 おそらく早くてわかりやすいでしょう。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


No.1理論―「できる自分」「強気の自分」「幸せな自分」 (知的生きかた文庫)

西田文郎 三笠書房 2006-11
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ