フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年05月18日

欲とは感覚を楽しませたい衝動


怒らないこと2 ― 役立つ初期仏教法話」(アルボムッレ・スマナサーラ/サンガ)より


『「欲というのは、

 感覚を楽しませたい衝動である」

 ということです。』(p67)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 たとえば、クルマなどの運転時には、

 速度が上がれば上がるほど、快感を覚えやすくなります。

 その理由は、直接的には脳内麻薬の分泌増加などですが、

 さらにその誘因は、秒間あたりの情報量が増えるからです。



 もちろんこの状況下では、同時に危険も増大します。

 それは車両等の物理的な限界に近づくせいばかりでなく、

 増大した感覚情報を、脳が処理しきれなくなるからです。



 そういった事故の危険とはあまり関係のない分野でも、

 実は全く同じ原理は働いています。

 

 要するに、五感に頼った快感は、強ければ強いほど、

 脳が処理すべき情報量も膨大なものになり、

 より多くの疲弊や、しばしば甚大な苦痛を、

 あなたにもたらすということです。

チャネルが多いほど楽しく、苦しい...
 例えば、窓から桜を見ている場合は、一日中観ていられますが、お花見会に参加するとくたくたに疲れます。チャネルを増やしすぎなのです。目を閉じて音楽を聴くぶんには一日でも聞いていられますけど、映画館で一日中映画を観ることは無理です。チャネルを二つ使いますから疲れが倍になります。』(p68-69)
『お釈迦さまは、人がなぜ性行為にそんなにも執着するのかについて、「あれは五感をいっぺんに楽しませるから」とおっしゃっています。』(p67)

 
 ヒトは五感に頼って生きる以上、

 五感を介した快感は、悪いものではありません。

 むしろ、それがなければ、

 私たちがヒトである必要はありません。

 

 しかし同時に、私を含めたほぼ全員が、

 何らかの「五感中毒」であるのもまた事実。

 ややこしい言い方をすれば、

 「肉体的五感と意識で感覚しているもの」が、

 自分自身であると、大なり小なり認識しています。



 しかし、般若心経の言を借りれば「五蘊皆空」。

 五感や肉体、思考や意識というものは、

 いわばこの世という道なき道を、

 ドライブするためあてがわれた、専用のレンタカー。



 そのクルマに振り回され、

 道ならぬ道を走らされるのではなく。

 「運転」している“真なる我"に気づき、

 ハンドルを失わないように日々を生きる――



 というのが、古今東西の賢人が口を揃えて語る、

 人生を存分に走りきるための道である、

 ともいえるのではないでしょうか。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


怒らないこと 2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書)

アルボムッレ・スマナサーラ サンガ 2010-07-29
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年05月17日

好かれるのは、努力する人より分かってくれる人

 
好かれる人 」(加藤諦三/PHP研究所)より


『好かれる人は

 一生懸命努力する人ではない。

 分かってくれる人である。』(p109)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 たとえば赤ちゃんが、

 オシメを替えてほしくて泣いているのに、

 親が強引にお乳を与えようと躍起になっても、

 もちろん赤ちゃんは泣き止みません。



 どんなに努力や気苦労をして、

 相手のためにと尽くしているつもりでも、

 それが“見当外れ”であれば、

 さして相手の心には届かないのが現実です。

『本人はすごい犠牲を払っている。
 時に人は、犠牲を払って相手がイヤがることをしていることすらある
 現実を見極めていない人は好かれない。』(p106-107)
『そういう人は掻いてくれていても、痒いところを掻いてくれていない。その痒いところを掻いていないから、相手にとっては逆に痛い。』(p107-108)


 「こんなにも周りの人のために努力しているのに、

  誰も認めてくれない、わかってくれない」

 と、恨み言よろしく嘆く人も、中にはいます。



 その原因は、概ね次のいずれかです。

 1.単に周囲に知られていない

 2.知られていても当たり前になりすぎている

 3.努力の内容が、実は周囲のためになっていない



 1や2はともかく、3は自己正当化に浸っている限り、

 いわば「自分は犠牲になっている」

 と被害者的でい続ける限り、中々自覚できません。



 「自分は人に好かれていない」

 もし、そのように感じるのなら、それは、

 「自分は人の心を、本当は全く汲めていない」

 という裏返しのサインなのかもしれません。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



好かれる人 (PHP文庫)

加藤諦三 PHP研究所 2012-02-03
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年05月16日

若者の失敗に「だからいっただろう」は禁句

 
上品な人、下品な人 」(山崎武也/PHP研究所)より


『若者が意見を無視して

 失敗したようなときでも、

だからいっただろう

 という台詞は禁句だ。』(p169)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 人が手痛い失敗をした時、

 その失敗をもっとも非難しているのは、

 ほとんどの場合、失敗を犯した当の本人です。



 優しく慰められれば、余計に自分を責めてしまったり、

 したり顔で上から目線に責められれば、

 しばしばムカッとくる場合も、よくあるもの。  

 

 比較的経験が浅いために、実力や状況を客観し、

 的確な自己評価を下しにくい若年期には、尚更です。



 しかし、それ自体が、本当に重要な経験、

 学びの体験だいうことを、無視してはいけません。

 それを踏まえた上で、辛抱強く見守られることが、
 
 失敗した当人には、実は一番堪える対応であり、

 一番成長への奮起につながる反応でもあります。

『若者が意見を無視して失敗したようなときでも、「だからいっただろう」という台詞は禁句だ。人の失敗に追い討ちを掛けることになり、恨まれるだけだ。その台詞をいってよいのは、意見に従って成功したときだけである。』(p169)


 アドバイスに沿わないという経験を積み、

 アドバイスに従うという経験も積み、

 そうした積み重ねから、

 自分自身の選択力と眼力は養われていきます。



 あなた自身がそうであったように、

 あなたの前にいる、より若い誰かもまた同じ。

 それを忘れずにいることも、

 相手への敬意の形といえそうです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


上品な人、下品な人 (PHP新書)

山崎武也 PHP研究所 2005-12
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年05月15日

普通の人は人生の優先順位をほとんど考えない


幸せな小金持ちへの8つのステップ 」(本田健/サンマーク出版)より


『普通の人は、人生の優先順位

 ほとんど考えずに生活しています。

 幸せな小金持ちは、

 自分の人生の優先順位を定期的に

 チェックしています。』(p100)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 一生の長さは人それぞれですが、

 一年、一月、一日の長さは、みな同じです。

 

 それはある意味、部屋などの有限空間にも似ます。

 同じ六畳一間に置ける物の量は変わらないのに、

 スッキリと居心地の良い部屋もあれば、

 ゴチャゴチャで落ち着かない部屋もあります。

  

 その部屋が、どのような部屋であるかをイメージし、

 それに応じた物だけを置くかどうかの差です。



 この部屋を、私たち自身の一日や一年、

 有限のスパンに置き換えてみましょう。

 

 まずどんな家具(行動)を置くか。

 そして逆に、何を決して置かないか。

 それらが最も重要になる、と解るはずです。

『観察していくうちにわかったのは、幸せな金持ちの人生では、いろんなことが整理整頓されているということです。それは、単に家のことにとどまりません。人生の生き方が、「整理整頓されている」のです。自分たちが、何を望んでいて、何を必要としないのかがはっきりしています。だから、自分に不必要な物を身のまわりに置かないのです。』(p99)


 ちなみに、ちょっと気をつけないといけない点。

 「定期的にチェック」するということは、

 優先順位は人生の段階によって変化する、

 ということです。



 たとえば、我が子が一番大事だからといって、

 すでに一人前に自立しているのにもかかわらず、

 甲斐甲斐しく世話を焼きすぎる。

 これは互いのために、何かとよくありません。

 

 子が大切なのはよいのです。

 が、時期がくればきちんと子離れし、

 別の趣味やライフワークを見つけるなど、

 自分自身の人生を豊かにするのを優先した方が、

 かえってお互いのためになるもの。

 

 そういった優先順位のチェックとは、

 別の言葉で言い換えれば、

 「人生の棚卸し」でもあるのです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


幸せな小金持ちへの8つのステップ (サンマーク文庫)

本田 健 サンマーク出版 2006-09-16
売り上げランキング : 117401
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年05月14日

お金はお客からのファンレター


幸せな小金持ちへの8つのステップ」(本田健/サンマーク出版)より


『お金は私にとって、

 お客さんからのファンレター

 ようなものなのです。』(p197)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 人気の芸能人やプロスポーツ選手などには、

 常日頃から大量のファンレターが届く、

 という話はよく聞きます。



 が。今日のフレーズのように、

 お金をファンレターとして考えるとどうでしょう。

 私たち一般人が、芸能人並みのファンを獲得するのは、

 必ずしもハードルが高いわけではない、とわかります。



 上位1000人に入らなければ生き残るのも不可能、

 とさえいわれるプロスポーツの世界と比べ、

 ビジネスの世界では、上位10万人に入れば、

 充分に大成功者と呼べるからです。

『私が出会った、ある「幸せな大金持ち」が、私にこう言いました。
「私は、人生でずっと自分の大好きなことをやってきました。その過程で、知らないうちに、多くの人を喜ばせてきたわけです。そのご褒美に私は、人の役に立っているという大いなる喜びと使い切れないお金を受け取りました。お金は私にとって、お客さんからのファンレターのようなものなのです。そして、今度は、築き上げた財産をまた社会に還元することで、深い喜びと心の平安を得ました。私の人生は本当に恵まれていました」』(p196-197)


 そんな「10万人の極意」が、

 上の引用に凝縮されているようです。


 
 もちろん、眼力や時の運など、

 それだけが全てではないでしょう。

 しかし同時に、それなくして上位10万クラスのファン、

 それも、長期にわたるコアサポーターは、

 決して得られないように思えます。

 

 なぜなら、自分がファンレターを出す立場、

 として考えれば、そうだから。



 人に応援される人には、

 応援されるに値する“何か”が、必ずあります。

 

 そして、更により応援される人は、

 応援を力に変え、応援者に返し、

 それによりまた応援してもらう――

 いわば“エールのサイクル”を創り上げている、

 ということではないでしょうか。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


幸せな小金持ちへの8つのステップ (サンマーク文庫)

本田 健 サンマーク出版 2006-09-16
売り上げランキング : 117401
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ