フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2018年04月26日

就職活動は大好きになれる人探し

★今日のフレーズ:

手紙屋 〜僕の就職活動を変えた十通の手紙〜」(喜多川泰/ディスカヴァー・トゥエンティワン)より


就職活動大好きになれる人探しです。そして場合によっては一生付き合っていくことになる人探しなんです。』(p122)



★解説:

 会社。企業。
 またの名を、法人。

「法律上の人格」の略ですから、
 概念としてではありますが、
 私たち個々人と同じような存在です。

 そんな法人組織に属するということは、
 法人という人を支える、ということ。
 決して安穏にぶら下がる事ではありません。
 
 そして、どんな人なら支えていける?
 と、真剣に自問しさえすれば、
 その基準は自ずから明らかなのです。


★今日の「ちょい足し」サプリ:

 良い人が多いからこその良い法人。


 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■

★今日の一冊:
手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~

喜多川泰 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2007-08-15
by ヨメレバ

よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2018年04月24日

どのような人間であれ、幸せになる努力を怠ってはならない

★今日のフレーズ:

新約 とある魔術の禁書目録(19)」(鎌池和馬/KADOKAWA)より


『君がどのような人間であれ、幸せになるための努力を決して怠ってはならない』(p283)



★解説:

 恐怖や怒り。悲観や劣等感。
 自分を不幸にすると判りきっている考えを、
 それでもつい、考えてしまう――
 と、思い悩む人は、きっと多いのでしょう。

 ヒトの生存本能とは、危険を検知しながら、
 同時に、危機を想定する本能でもあります。

 飢えや寒さや猛獣に生命を脅かされていた、
 古代の祖先のDNAが、防衛機能として残り、
 ”勝手に悲観的な考えが浮かぶ”ように、
 私たちは創られている、ということ。

 つまり。
「不幸な考えをしてしまう」のではなく、
「その不幸な考えの正当性のなさを看破し、
 肯定的に思い直す思考をしていない」――

 いわば「考えていない」からこそ、
 不幸な考えに支配されていしまうのです。  


★今日の「ちょい足し」サプリ:

 その考えが予測か妄想かを見分ける智慧。


↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:

よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2018年04月22日

心配が多いのは今をけんめいに生きていないから

★今日のフレーズ:

発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方」(寺田啓佐/河出書房新社)より


心配することが多いのは
 をけんめいに生きていないからだ』(p136)



★解説:

 心を配ると書いて、心配。
 けれども世間一般に言う「心配」は、
 「不安」とほとんど同義です。

 たとえば我が子や部下などに対して、
 「ああなるんじゃないか」
 「こうなりはしないか」と、ただただ、
 不安に駆りたてられて右往左往するのは、
 相手と相手の人生を、信頼しない裏返し。
 
 逆に、相手の本質への信頼に立った上で、
 今できる事・すべき事を熟考し実践する。
 そのときにこそ初めて、
 「心配」は字面通りの意味になるのです。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 本当の心配は、信頼と配慮。


 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:


よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2018年04月20日

相手が優位な場合の約束は、守られなかった対策を考えておく

★今日のフレーズ:
非情な人ほど成果を上げる―マキャベリ式最強の仕事術」(日本ビジネス研究会/日本文芸社)より


『より優位な立場にいる相手と約束を交わす場合は、約束が守られなかった場合の対策を考えておくとよいでしょう。』(p89)



★解説:

 他人を信用できるということは美徳です。
 一方、この世には信用に値しない人間が
 存在している――ということも現実です。 

 初回なら中々判別はつけられませんが、
 二度三度と約束を翻意されてなお、
 そのような相手を無防備に信用するのは、
 美徳ではなく愚かであり、汚点です。

 それでも約束せざるを得ないなら、
 せめて信用できない相手だという前提で、
 きちんと善後策を備えておくほうが、
 むしろ美徳となるのです。


★今日の「ちょい足し」サプリ:

 これ聞いてブラックと考えるようなら見当違い。

 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■

★今日の一冊:

非情な人ほど成果を上げる―マキャベリ式最強の仕事術 (日文PLUS)

日本ビジネス研究会 日本文芸社 2013-04
by ヨメレバ

 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2018年04月19日

幸福感を吸いとる人とはつき合わない

★今日のフレーズ:

「脳にいいこと」だけをやりなさい!」(マーシー・シャイモフ/三笠書房)より


『悪い感情を拾ってしまわないためのてっとり早い方法は、「幸福感を吸いとってしまうような人とはつき合わない」ことです。』(p225)



★解説:

 釈迦やイエス、どんな偉大な聖人でも、
 百人中百人全員から好かれた、
 なんてことはありえません。

 中には必ず、蛇蝎のごとく毛嫌いしたり、
 あるいは暴言侮言を投げる人もいるもの。

 ところで、今のあなたの人間関係に、
 そのような相手がもしも、いるなら。
 そんな人と付き合い続け、その都度、
 イヤな気分を味わわねばならない理由は、
 一体何でしょう?

 地球には他に何十億と人がいるのだから、
 もっと素敵な人間関係を築ける相手が、
 必ず存在しているはずなのに、です。 


★今日の「ちょい足し」サプリ:

 非常識に見えるけど超常識。


↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■

★今日の一冊:

 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ