フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2014年01月29日

旅にでるときは、自分よりも優れた者と行きなさい


スポンサードリンク





「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉」(植西聰/三笠書房)より



『旅にでるときは、

 自分よりも優れた者と行きなさい...

 いなかったら、

 キッパリと自分一人で行きなさい。』(p118)



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 エピキュリアン(快楽主義者)の語源となった、


 古代ギリシャのエピクロスは、


 しかし人生の喜びを追究した結果、


 必要なものは数人の生涯の親友と、


 彼らと語らえる庭だけだと悟ったそうです。




 生涯の親友たりうる人とは、


 決して単なる遊興仲間のことではありませんよね。



『「自分より劣る人間であっても、道連れにすればいい」…
 これは、いい考えではありません。
 時間やお金にルーズな相手の愚かさの影響を受けて、
 自分まで愚かな怠け者になるからです。
 むしろ一人で精進したほうが、生産的でしょう。』(p119)



 ただただ誰かと触れ合えればいい。


 一人でも多くの人と交わればいい。


 そんな考え方だけでは、自分の本当の喜びにはならない。


 どころかどんどん寂寞と不利益を増やし続ける。


 エピクロスはそう気づいていたのでしょうね。


『愚かな人と、ともにすごせば、心をひどく乱されます。
 それは仇敵と一緒に暮らすのと同じくらい、辛いことです。
 聡明でまじめに生活している人をパートナーにすれば、
 自分自身にも、幸福が訪れます。』(p116)



 そうでなくても、信用も信頼もない相手と一緒では、


 心が安らぐ時はありません。




 人が求め描くあらゆる「幸せ」。


 それら全てが行き着く極致は、


 「心の平和」


 であることを忘れてはなりません。




 同時に、心の平和を確立する過程には、


 人格的成長と、互いに成長しあえる、


 「良き道連れ」が必要なのです。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■








スポンサードリンク


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86279756
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック