フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2019年04月21日

「徳」とは上の人間が下の者に見せる生き方


スポンサードリンク


★今日のフレーズ:

経営者の大罪――なぜ日本経済が活性化しないのか」(和田秀樹/祥伝社)より


『では、「」とは何か。
 これは、上の立場にいる人間が下の者に見せる生き方に他なりません。』(p129)




★解説:

 勉強しなさい、勉強しなさいと口うるさく、
 常日頃子どもに目くじら立ててるお母さん。
 月に一冊でも、子供の前で読書したでしょうか。

「どんなに稼いでお金持ちになったって、
 結局大切なのはお金じゃないんだよ」
 と、子どもに諭すお父さん。
「でも、お金持ちになったことないのに、
 どうしてそんなことがわかるの?」
 と、返されたら、どう応えます?

 末期の、または崩壊した社会主義国家では、
 富は全国民に均等に分配すると謳いながら、
 一部の特権階級に物資が集中していました。
 民が餓死しているのに、貴族は肥満でした。

 目下に理想を押し付けて、自分は何もしない。
 相手のことを慮っているフリをして、
 その偽善が見破られたら急にキレる。
 
「徳がある」とは何か、の前に。 
 あえて「徳がない」とは何かを考えてみると、
 ひとつはこんな生き様なのかもしれませんね。

 少なくとも、誰からも嫌われるような生き方は、
「徳」も「得」もあるとは言えなさそうです。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 今日のフレーズに絡む部分は後半の有料枠に。



↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:

 よい本をありがとうございます。


スポンサードリンク


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185887355
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック