フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2019年04月13日

目に見えない信用こそが、真に価値のある無形資産


スポンサードリンク


★今日のフレーズ:

経営者の大罪――なぜ日本経済が活性化しないのか」(和田秀樹/祥伝社)より


『しかし実際は、たとえば「ここは先祖代々やっている老舗だから」とか「ここは絶対に貸した金を返してくれる」とか「この会社は恩を仇で返すような真似をしない」などといった目に見えない信用が、会社に大きなメリットをもたらしている。これこそが、真に価値のある無形資産だといえるでしょう。』(p126)




★解説:

 ことビジネス界隈での「無形資産」とは、
 特許や版権など、法的に保護された知的財産。

 言い換えれば、契約書や法律に明文化された、
 文書という“形を持つ無形資産”とも言えます。
 
 一方信用は、本当に物質的な形をもちません。
 形がないので、強制力も担保されませんし、
 資産としての価値も定量化できません。

 ですから、契約や特許こそが真の無形資産だ、
 と信じる人には、神仏よりも胡散臭いでしょう。

 しかし、ビジネスは人がすること。
 人間関係の間で取り交わされるものであり、
 ひいては人間関係の一形態でもあります。

 つまり、是非や行動選択決定は、
 建前上は合理主義が最優先であっても、
 必ずしも合理的ではありません。
 
 仮に全く同じ契約内容を持ち込まれたなら、
 無形の「信用」がより大きい相手を選ぶもの。

 無論、特許や契約に則るのは正当な権利です。
 が、それを盾に、無闇に周囲を抑圧すれば、
 権利が消える前に、支持者が消えていきます。

 権利は失って、支持者だけが残った状態。
 支持者は失って、権利だけが残った状態。
 極論なようですが、どちらが幸せか考えれば、
 どちらにより重きがあるか、明らかでしょう。 



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 むしろバブルとかのが異様な時期と言える。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■



★今日の一冊:

 よい本をありがとうございます。


スポンサードリンク


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185850806
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック