フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2018年07月11日

リーズナブルとは「正当」とか「妥当」という意味で使われる


スポンサードリンク


★今日のフレーズ:

敬天愛人―私の経営を支えたもの 」(稲盛和夫/PHP研究所)より


『あらゆることを判断する場合に、それは「正当である」とか「妥当である」という意味で、リーズナブルという言葉を使う。』(p67)




★解説:

 外来語の意味が、元の国でのそれと
 異なっている語は、探せば多そうです。

「リーズナブル(Reasonable)」もそのひとつ。
 
 日本では「お値打ち」「お買い得」など、
 割安感があるという意味で用いられます。

 しかし、英単語のスペルを分解すれば、
 「Reason(理由に)+able(できる)」
 要は「筋が通った」というニュアンス。

 どんなに「お買い得」にありついたとしても、
 それが売り手や生産者の犠牲(=損)のもと
 成り立っているのなら。
 遠からず「お買い得」が消滅するのは自明。

「満足できるものが提供されない」と嘆く、
 買い手・受け手の嘆きもわかります。

 しかし同時に、
「売り手・造り手に相応しい、
 “Reasonable”な対価を支払っているか?」
 と問わなければ、それはただのクレクレ君。

 筋が通らない要求がまかり通れば、
 本当に感動できるものが次第に駆逐され、
 つまらない世の中を創り上げてしまうのです。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 価値観通りの世界がそこにある。





 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:
敬天愛人―私の経営を支えたもの (PHP文庫)

稲盛和夫 PHP研究所 2006-03

by ヨメレバ

よい本をありがとうございます。



スポンサードリンク


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183830214
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック