フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2018年07月02日

「ノー」といえることは、自分自身と相手を信頼すること


スポンサードリンク


★今日のフレーズ:

愛の論理 私たちは、どこまで愛せばゆるされるのか」(飯田史彦/PHP研究所)より


『「ノー」といえる勇気をもつことは、自分自身を、そして相手と自分との関係を信頼することです。』(p182)




★解説:

 相手との縁を切りたくないから、
 本当は嫌なこと・我慢ならないことを、
 渋々受け入れる――

 ビジネスなどの取引においてなら、
 臥薪嘗胆のもとにもなる構図でしょう。
 一方、恋人などの人間関係において、
 この習慣の悪影響は深刻です。

 一方的な自己犠牲抜きに維持できない、
 そんな関係は、自分自身を痛めつけ壊し、
 相手の自尊心を損ねるか、増長させます。
 
 とにかく自分が犠牲にならなれば、
 きっと相手は離れてしまう――
 そう考えるのは自由です。が、

 果たして本当にそれしかできないのか?
 他の方法論を採る力があるのではないか?

 この相手は、進んで犠牲を捧げなければ、
 振り向いても受け容れてもくれないのか?
 そもそも、そこまでして繋ぎ止める価値が、
 この相手にはあるのか? 

 ――そんな自問を掘り下げてみた方が、
 お互いの為になるのではないでしょうか。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 自尊心と他尊心はなるべく同じ高さに置く。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■

★今日の一冊:
愛の論理 私たちは、どこまで愛せばゆるされるのか (PHP文庫)[Kindle版]

飯田史彦 PHP研究所 2016-12-02
by ヨメレバ

 よい本をありがとうございます。


スポンサードリンク


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183691872
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック