フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年08月03日

自己投資は常に長期的


スポンサードリンク



もう一度、仕事で会いたくなる人。 」(千田琢哉/PHP研究所)より


『自己投資は常に長期的だ。』(p206)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 世界一の投資家と評されるウォーレン・バフェット氏。

 彼が投資する会社を選ぶ際には、

 いくつかの鉄則、基準があるそうです。



 たとえばこちらなどが参考になります。  
  ↓ ↓ ↓
 http://www.everythingislearning.com/usa/how-to-pick-buffet-like-companies/
 

 いずれの基準も、企業やブランドの派手さ、

 華やかさにはまったく関係がありません。



 会社自体も、顧客に対しても、

 健全かつ堅実に利益を創出し、

 確実に成長してゆけるかを見ています。



 結果的に、派手な花火を打ち上げる投資先は、

 避ける形になってゆくのでしょう。

『本物の投資家は必ず長期的な投資を考える。
 そして一見地味で注目されていないような銘柄にこそ注目する。』(p206)
『そして自己投資はいつも地味である点も同じだ。...
 どんなことでも10年間継続するということは、途中で壁がいくつも出現するし地味な作業の連続なのだ。
 だからこそ好きで苦にならないようなことでなければ続かない。』


 たとえば、食事。

 どんなに「からだにいい」ものでも、

 数週間や数ヶ月単位で続けて食べてこそ、

 初めて効果が出てきます。

 一食二食摂ったところで真価は得られません。



 他にもたとえば、本。

 「人生を変える一冊」

 というべき出会いももちろんありますが、

 ほとんどの本は、そうではありません。



 言い換えれば、たった一冊二冊読んだ程度で、

 人生の劇的な改善は滅多にない、ということ。



 様々なタイトルに目を通し、

 その蓄積の中で培われていく、

 「自分自身の哲学」こそが、

 自らの人生を決定する、といえます。



 決して一朝一夕に成るものでもなければ、

 死ぬまで変化(=投資)し続けられるもの。

 それが、自分自身に他ならないのです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



もう一度、仕事で会いたくなる人。 (PHP文庫)

千田琢哉 PHP研究所 2017-06-03
by ヨメレバ




スポンサードリンク


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180529682
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック