フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年05月17日

好かれるのは、努力する人より分かってくれる人


スポンサードリンク


 
好かれる人 」(加藤諦三/PHP研究所)より


『好かれる人は

 一生懸命努力する人ではない。

 分かってくれる人である。』(p109)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 たとえば赤ちゃんが、

 オシメを替えてほしくて泣いているのに、

 親が強引にお乳を与えようと躍起になっても、

 もちろん赤ちゃんは泣き止みません。



 どんなに努力や気苦労をして、

 相手のためにと尽くしているつもりでも、

 それが“見当外れ”であれば、

 さして相手の心には届かないのが現実です。

『本人はすごい犠牲を払っている。
 時に人は、犠牲を払って相手がイヤがることをしていることすらある
 現実を見極めていない人は好かれない。』(p106-107)
『そういう人は掻いてくれていても、痒いところを掻いてくれていない。その痒いところを掻いていないから、相手にとっては逆に痛い。』(p107-108)


 「こんなにも周りの人のために努力しているのに、

  誰も認めてくれない、わかってくれない」

 と、恨み言よろしく嘆く人も、中にはいます。



 その原因は、概ね次のいずれかです。

 1.単に周囲に知られていない

 2.知られていても当たり前になりすぎている

 3.努力の内容が、実は周囲のためになっていない



 1や2はともかく、3は自己正当化に浸っている限り、

 いわば「自分は犠牲になっている」

 と被害者的でい続ける限り、中々自覚できません。



 「自分は人に好かれていない」

 もし、そのように感じるのなら、それは、

 「自分は人の心を、本当は全く汲めていない」

 という裏返しのサインなのかもしれません。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



好かれる人 (PHP文庫)

加藤諦三 PHP研究所 2012-02-03
by ヨメレバ




スポンサードリンク


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179769575
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック