フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年04月16日

優秀な人から盗むなら、スキルより人格


スポンサードリンク


 
まんがでわかる7つの習慣 Plus」(小山鹿梨子/宝島社)より


『優秀な人から何かを盗もうと思うなら、

 スキルそのものではなく、

 資質や人格に注目したほうがいい。』(p58)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 大リーグでも活躍した往年の名ピッチャー、

 野茂投手のトルネード投法を形だけ真似ても、

 とうていマトモな球は投げられません。



 あの奇抜でダイナミックな投法の実現には、

 足腰に途方もない強靭さと柔軟さが必要です。

 ひいては、それらを実現するトレーニングや、

 日々の生活における摂生などが不可欠。

 

 それを無視し、投球にならないだけならまだしも、

 ひっくり返って大怪我しては目も当てられません。



 ですから、本当に真似るべき、手本とすべきは、

 その土台となる足腰の鍛え方や、野球への姿勢。

 それが身につけば、トルネードは会得できなくても、

 自分自身にとってベストな投球法が編み出せます。



 ――と、野球を例にしてみましたが、

 もちろんそれ以外のあらゆる場面・分野も同じです。

資質や人格に注目...(知識やスキルを更新する)努力を惜しまないところ、自分や他人に誠実なところ、思いやりがあるところ、諦めないところ、聴き上手なところなど、さまざまな美点(土壌の良質さ)が見えてくるはずだ。』(p58)
『「P/PCバランスを考えるという発想...
 資質や能力(PC)以上の成果(PC)を出すことはできない。PCとPは必ずバランスがとれるようになっている。そこで結局、よい成果を挙げるためには、自分を高めるしか無い、という結論となる。』(p139)


 誤解してはいけないのが、

 「まずは形から真似る」のがいけないわけではない、

 という点です。



 ただし、まずは形から入ったとしても、

 その結果、形から真髄を読み取り、消化することが、

 最終的な上達には不可欠。



 学びの入り口は違っても、出口(極意)は同じ。

 本質的に肝要なことはなにか、を考える癖がつくと、

 どの分野、どこの世界においても、

 立派な成果を収める可能性は高いでしょうね。

 



 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■

まんがでわかる7つの習慣 Plus (まんがでわかるシリーズ)

フランクリン・コヴィー・ジャパン 小山鹿梨子 宝島社 2016-01-15
by ヨメレバ



スポンサードリンク


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179452111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック