フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年02月22日

本来の価値が評価されていない、そのズレを突く


スポンサードリンク



グーグルを驚愕させた日本人の知らないニッポン企業 」(山川博功/講談社)より


『本来もっている価値が

 市場で評価されていないなら、

 そのズレを突こう。

 それが私の基本的な発想法です。』(p61)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 元値・仕入れ価格より高く売る。

 これは商売の基本というより、原理原則です。

 そうでなければ、絶対に事業は続けられません。



 ですからどの商売でも、この差額を、

 つまり「ギャップ」を追求することこそが、

 本質であり醍醐味でもある、とも言えます。



 ではどうすればそのギャップ、

 “ズレ”は見つかるのかというと……

『オークションには面白い特徴があって、所有者がつけたオプションが付加価値にならない。』(p61)
『日本人は車にお金をかけて改造しますが、カーオーディオのときと同様、中古車の評価に上乗せされない。どんなに高価なパーツを使っていても、「それはあなたの趣味でしょ」で終わりなのです。...
 私はレースをやっていたので、その価値が見抜けますが、知らない人にはわからない。本来の価値より安く放置されているわけで、これは買い集めるしかない。こういうズレを見つけることが、商売の秘訣なのです。』(p68)
『それまでの輸出業者には、アフリカを低く見る悪質業者も多かったのだと思います。問合わせのメールを送っても、「どうせ買わないだろう」とまるきり無視されたり、返信が来ても2〜3日後だったり。...
 お金を送ったら商品が届く。日本人にとっては当たり前の話です。しかし、アフリカの人にとっては当たり前じゃなかった。「日本人にとっての当たり前」をやるだけで評判になったわけです。』(p73)


 多くの人から「評価されていない」もの、

 あるいは「当たり前」としか認識していないものを、

 「評価する」角度から見ている人は、必ずいます。

 

 「世間一般」という“ある限られた領域の人々”が、

 その限定性ゆえに一方面からしか見ていない価値観を、

 分解したり、ひっくりかえしたりして眺めてみる。



 そうして出てきた「当たり前」というものに隠れた、

 ちょっとした違和感を拾い上げられるかどうか。 

 きっかけは常にそこにあるのかもしれません。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


グーグルを驚愕させた日本人の知らないニッポン企業 (講談社+α新書)

山川博功 講談社 2016-11-18
by ヨメレバ




スポンサードリンク


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178855157
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック