フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年01月28日

悩み苦しみとは、価値判断が自分を奴隷のようにさせている


スポンサードリンク



超訳般若心経―“すべて”の悩みが小さく見えてくる」(境野勝悟/三笠書房)より


『なあんだ、自分の苦しみや悩みは、

 頭の中で記憶しているいいとか悪いとか、

 損とか得とかいう「価値判断」が、

 いろいろひっからまって、

 自分を奴隷のようにくるくるまい

 させているんだ。』(p233)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 価値観。パラダイム。固定観念。

 言葉は様々ですが、いずれもいわば、

 「色眼鏡」のようなものです。



 私たちには、目の前に起きてきた現症に対して、

 そのあるがままに眺めるのではなく、

 色眼鏡を介して解釈を挿むクセがついています。



 たとえば、本当は無色透明な水なのに、

 ある人は赤メガネで見て「この水は赤だ」。

 別の人は青メガネで「いや、青い水だ!」

 他にも緑や黄色の人なども加わって、

 誰が正しいのかを常に争っているようなもの。



 それはそれで喜劇のようですが、

 問題は、そのメガネが外せるものであると知らない、

 もしくは、メガネを掛けている自覚のないまま、

 一面的な価値判断を繰り返していくこと。



 一見すると個性のようにも思えます。

 が、別の色眼鏡の可能性や、本来の天然色の存在、

 それらを斟酌できない不寛容を伴う以上、

 個性と呼ぶにはあまりにも幼稚です。

『この「価値判断」は、自分のものだと勘違いしていたが、よく考えると、みんな他から受け入れた記憶のゴミのようなものだ。このゴミを一度すっかり捨てれば、自分がもとからもっていた純粋な、自由自在の「価値判断」、叡智が生まれてくる』(p233)


 他から受け入れたメガネ、

 つまり後付け(後天的)のものです。

 

 生きる上で必要なものもありますし、

 なにも全てを外す必要はありません。

 ただ、どうにも悩み苦しみに苛まれる時。

 「私は、いったいどんな色眼鏡をかけている?」

 と自問してみると、

 解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


超訳般若心経―“すべて”の悩みが小さく見えてくる (知的生きかた文庫)

境野勝悟 三笠書房 2012-12
by ヨメレバ




スポンサードリンク


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178565476
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック