フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年10月31日

社長は優等生では務まらない


スポンサードリンク


 

社長の掟 業績を上げ続けるための60則」(吉越浩一郎/PHP研究所)より


『社長とは、

 優等生では務まらない

 役職である』(p180)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 優等生とかバランス型と呼ばれる人となりを、

 個性的でない、というのは非常に語弊があります。

 

 「バランスが取れ(てい)る」こと、

 それが既に大きな個性と呼べるからです。



 問題なのは、バランスに優れることではなく、

 常にバランスばかりを重視してしまうこと。

 すべてを大切に平等にしてしまいやすいこと。



 何かしらの最優先すべき事項がある状況下で、

 他方何かを脇に押しやり、切り捨てることができず、

 虻蜂取らずとなる可能性が、より強く残る性質のこと。



 それがここでいう、

 「優等生」の意味合いのひとつでしょう。

『組織のトップに立つ人間にとって一番大事なことは何かといったら、それは強烈なリーダーシップにほかならない。...
 そして会社は、売上を伸ばし、利益を上げ続ける、という目的のために存在している。
 社長はその目的達成のためにリーダーシップを発揮しなければならないのだ。
 もちろん、いろいろなことのバランスをとりながらリーダーシップを発揮できるなら、それに越したことはない。できる人はぜひやってほしい。
 しかし、大事なのはあくまで売上であり、利益なのである。バランスを重視した結果、会社の業績や成長が損なわれたら、それこそ本末転倒である。それならむしろ最初から、バランスなど頭にないようがいいくらいだと私は思う。』(p181)


 上にもある通り、

 バランスが取れる事自体は好ましいことです。

 目的やリーダーシップの下に何をやっても構わない、

 というわけでも、もちろんありません。
 


 しかし、「リードする」立場にいるということは、

 極論すれば、「リードされる」人々の命運も担うこと。



 最終寄港地と、次に向かう海域。採りうる針路。

 艦長がそれらを決めてこそ、

 船と乗組員は力を発揮できるものです。



 「あの海にもいきたい」「こっちの港にも寄りたい」

 周囲のそんな声を全て拾い上げていたら、

 途中で無用な事故や嵐や燃料切れ、

 遭難確率や乗員の危険も増し、時間も足りません。

 会社などの陸の組織にも、同じことが言えるはずですね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


社長の掟(おきて) (PHPビジネス新書)

吉越浩一郎 PHP研究所 2014-06-19
by ヨメレバ



スポンサードリンク


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177480630
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック