フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年09月30日

プロとは「それしか知らない人」のことではない


スポンサードリンク


 


不機嫌な職場 − なぜ社員同士で協力できないのか」(河合太介、高橋克徳、永田稔、渡部幹/講談社)より


『プロというのは、

それしか知らない人」

 のことではない。』(p158)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 今日のフレーズが「ではない」で締め括られている、

 ということは、「ではプロとは何なのか?」

 という問いにも、もちろん答えを述べてくれています。


『プロというのは、「それしか知らない人」のことではない。「その仕事を(顧客にとって)最高パフォーマンスで提供できる人」のことである。』(p158)



 実に明快ですね。

 相手の、お客の要望・期待通りか、それ以上をいく。

 そんな仕事をするのがプロである、と筆者は定義しています。



 こちらが提供する仕事の分野こそ専門的であっても、

 お客となる相手の要望は、それこそ千差万別なのが当然。



 「専門性」が仕事の中心軸であるのは確かにしても、

 目の前の相手にとってこそフィットする、最後の一手は、

 専門分野から外れた所にこそある場面も、ザラなのです。

『たとえば営業という仕事。
 営業しか知らない営業マンと、前後工程であるマーケティングや生産の知識をきっちりと持った営業マン。社内の連携、お客様に与える安心感など、一般的にみて、どちらに分があるだろうか。
 筆者らが仕事で接する一流のプロが口を揃えて言うことがある。それは、「自分の仕事で最高の仕事をしたかったら、周辺分野の知見をあわせて持つこと」である。』(p158)


 ちょっと物騒な例えですが……。

 戦国時代、誰より剣術の達者な剣豪であっても、

 火縄銃の存在も知らず、戦場で敵陣に突進すれば、

 撃たれて一巻の終わりです。



 もちろん、現代はそんな「ころし合い」の世ではなく、

 もっと穏便で平和的な「生き残り」、

 あるいは「生かし合い」の立ち回りが求められます。



 しかしいずれの世でも、

 「得手以外への知見」の大切さは変わりません。

 

 特に現代のように、

 専門性が持て囃されがちな時勢だからこそ。

 専門外との連携が生み出す効果――

 ある意味でイノベーションにも近い相乗は、

 キラリと光るのでしょうね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書)

河合太介,高橋克徳,永田稔,渡部幹 講談社 2008-01-18
by ヨメレバ



スポンサードリンク


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177076502
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック