フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年05月31日

感覚的な説明だけで、充分な指示を与えたと思いがち


スポンサードリンク




おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ」(正垣泰彦/日経BP社)より


『問題は、人は

 感覚的な言葉で説明しただけで、

 充分な指示を与えたと

 思いがちなことだ。』(p198)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 「優秀な人材」を求めてやまない会社は、

 山ほどあることでしょう。

 では「優秀な人材」とは一体どんな人なのか?

 となると、明確でな答え・評価基準を、

 イメージできていないケースも、少なくないようです。



 ちなみに、私が考える例を挙げるなら――

 チームの最終目的と、自らに与えられた裁量を理解し、

 知識と能力と縁とを自由存分に駆使して、

 能動的に物事を進め、行動する人。



 これなら、たとえ今は知識や経験が足りなくても、

 遠からずどんな組織に行っても頭角を現す、

 優秀な人へと成長するはずです。



 しかし、これで「頭角を現す」ということは、

 裏を返せば、誰もが誰もこんな人ばかりではない、

 ということでもあります。

『たとえば、「もっとおいしく料理を作れ」という言葉は、具体的に何をすればいいのかを全く説明していない。指示した側が、本当に臨んだ味付けの「おいしい料理」を作ってほしければ、調味料の量や鍋で何分にるかまで、きちんと説明しなければ、「おいしい料理」を再現できない。』(p197-198)


 だからといって、嘆いたり憤ったりするのはお門違い。

 なぜなら、それは相手に才能や実力がないわけではなく、

 単に、感覚的で抽象的な内容を具体化する知識や経験、

 つまり「方法を“まだ”知らない」だけにすぎない――
 
『ただ、そうは言っても、人間が感覚的に考え、話をするのは仕方がないことだ。常に、誰にでも分かるような言葉で、適切な指示を出せるようになれ、というのも現実的ではない。
 だから、スタッフの心を1つにして、共通の目標に向かって、改善を進めたいなら、やるべきなのは「言葉」の定義の統一だ。』(p198)


 知識や方法は、一般的な会社においては、

 これからの実践の中でいくらでも学んでいけるもの。

 ですから、まずは目標を明確に指し示し、

 達成に必要な集団知を引き出していく。

 「定義の統一」は、その重要な基盤のひとつです。



 一見回りくどいようですが、実はこの地ならしこそが、

 やる気を秘めた人のやる気を引き出す――

 「創意工夫を発揮できるんだ」というモチベーションの、

 これ以上ない呼び水になりえる、ということ。



 やる気さえ出れば、実践が増え、経験が増え、

 感覚的な指示から最大限の成果を生み出せる、

 実力ある「優秀な人材」が育つ……と、繋がるのです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■





スポンサードリンク


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175496691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック