フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年01月31日

数字に置き換えると話に説得力が出る


スポンサードリンク




図解 仕事ができる人・できない人の「話し方」 」(福田健/笠倉出版社)より



『なんでもない話でも、

 数字に置き換えるだけで

 とたんに説得力が出てくる』(p115)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 数字は嘘をつかない、といいます。

 たとえば、お店や企業。

 宣伝や店構えなど、見た目に華やかで印象的だと、

 経営も好調だ、とついつい思い込んでしまいがち。



 でも、会計に精通した人が財務諸表を読めば、

 経営状態の健全度は、文字通り丸裸になります。

 利益も上がっていて、一見すると健康そうに見えても、

 実際には翌月に黒字倒産しかねない状態だった――

 などと発覚する場合もあります。



 数値の持つ具体性は、そんな曖昧さやゴマカシを減らし、

 客観的・科学的に、状況を共有しやすくしてくれます。

『話をより具体化させて、より説得力のある表現にしてくれる...
×今月の売上はすごくいい調子です→○今月の売上は前月比で127%です
×ほとんどの人が効率を認めています→○100人中95人が効果を認めています』(p115)
『×今日は歩きまわってへとへとだ→○今日は事務所と工場を10往復もしてへとへとだ
 熱意よりも数字に置き換えることで、聞き手との間で共通のイメージができ、説得力が大きく増す』(p116)


 このような、数による表現にまつわるテクニック。

 本書では、さらにもうひとつ紹介されています。

 それがこちら。

プラスは大きく、マイナスは小さく...
△「今月は、毎日5件訪問営業をした」→○「この1カ月で100県の訪問営業をした」
△「故障が10件から70%減った」→○「故障が10件から3件だけになった」』(p116)


 前後で言っている意味は同じでも、

 ずいぶんと印象が変わってきますね。


 
 先の「ゴマカシを減らす」のとは、

 ある意味、真逆の効果なのも面白いところです。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


図解 仕事ができる人・できない人の「話し方」

福田健 笠倉出版社 2016-01-09
by ヨメレバ



スポンサードリンク


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172952887
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック