フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2019年04月10日

「過半数」とは半分より多いという意味でしかない

★今日のフレーズ:

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」(ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド/日経BP社)より


『「過半数」とは半分より多いという意味でしかない。』(p206)




★解説:

「何をそんな当たり前のことを」
 フレーズだけ見ると、そう思うかもしれません。

 ところで、先日こんな記事を目にしました。

大人の皆さん、「平均」の意味ちゃんと分かってますか?
 大学生の4人に1人が間違えた“小6レベルの算数問題”
  ↓ ↓ ↓
  https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/25/news116.html

 たとえば「平均値」を「中央値」と
 取り違えていれば、この一問目は間違えます。 
 要は、「平均=マジョリティ」ではありません。

 が、メディアなどが「平均」と呼ぶと、
 あなたは、それが最大多数派だと思いがちでは?

 一方、そういう意味では、
「過半数」は確かにマジョリティでしょう。

 ただし、“唯一の”マジョリティとは限らない。

 99.9%も、50.1%も、どちらも過半数。
 後者で、残る49.9%が“残る一派”なら、
 僅かな拍子で「過半数」に逆転しえます。

「平均」や「過半数」などの言葉も、
 ひいては「大小」「多少」という比較も、
 根本的に相対的で、しばしば抽象的な表現。

「平均」や「過半数」などの言葉が、
「集団全体」を印象づける形で用いられる時。
 必ずそこには、用いる側の意図があります。
 
「それ以外の部分」に思い至れないとしたら、  
 少なくとも今のあなたは、操られる側です。
 その立場が嫌なら、学び考え続けましょう。


★今日の「ちょい足し」サプリ:

 学びを止めた人からモノが見えなくなる。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:
FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
ハンス・ロスリング オーラ・ロスリング アンナ・ロスリング・ロンランド
日経BP社

 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ