フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2019年03月28日

加齢速度の差こそが希望に値する

★今日のフレーズ:

年をとるほど賢くなる「脳」の習慣」(バーバラ・ストローチ/日本実業出版社)より


『「加齢の速度は個体、組織、器官、系統により差があるのです。そして、その差こそが希望に値します。』(p149)



★解説:
「スーパーエイジャー」という言葉があります。
 65歳以上でありながら、脳機能は20歳代相当、
 そんな人々のことを指します。

「老化」という一般的概念からは、
 明らかに逆向きにかけ離れた実例です。

 いったいスーパーエイジャーという状態は、
 どのような要因で産まれるのか。
 明確な答えはまだ確定されていませんが、
 日常の習慣に違いがあるのは確実なようです。

 肝心なのは、脳が若い人は必然的に身体も若く、
 気力や行動力も若い、ということ。
 そして、年齢相応、あるいは年齢以上に
 老けている人々も、同時に生きているということ。

 これから避けられず老いていく私たちにとって、
 それらのどの領域にも属する可能性がある証拠。

 せめて彼らの違いを観察し、学び取り、
 私たち自身がそれぞれに「なりたい老い方」を
 誠実に迎えていきたいものです。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 そもそも年齢なんて便宜上のものだもの。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:
年をとるほど賢くなる「脳」の習慣
バーバラ・ストローチ
日本実業出版社
売り上げランキング: 247,825

 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2019年03月26日

自分ばかりをいつも気にする人は、知恵の成績が悪い

★今日のフレーズ:

年をとるほど賢くなる「脳」の習慣」(バーバラ・ストローチ/日本実業出版社)より


『自分自身のことばかりを考えている人、社会での自分の地位をいつも気にしている人は。知恵を尺度とした成績が非常に悪かったんです』(p88)




★解説:

 フロリダ大学のモニカ・アーデルト教授が、
 人の「知恵」について長年研究した結果です。
  
 知恵にも様々な要素がありますが、
 総合的に、被験者各自の知恵のレベルは、
 彼らの利己的性格と決定的に相関したそうです。

 他人を気遣って行動できる人ほど、
 高いレベルの知恵を発揮できる人であり、
 自分の脳を上手に活用できている人。
 
 逆に、行い自体は他人のためのように見えても、
 嫌われたくない、評価を落としたくないなど、
 実は自分の事しか考えていないとすれば、
 知恵という面でいえば芳しくない、ということ。

 社会でモリモリ出世する人がもてはやされ、
 さも賢い人であるかのように見えるのは世の常。

 だけど、その後も本当に活躍できている人と、
 見る影もなくなっていく人を比べてみた時。
 やはり大きな違いは、その行いに、
「世のため人のため」が滲み出ているかどうか、
 と感じざるを得ませんね。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 自分を疎かにすることと利他とは違う点も注意。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:
年をとるほど賢くなる「脳」の習慣
バーバラ・ストローチ
日本実業出版社
売り上げランキング: 247,825

 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2019年03月22日

分断本能による勘違いは、世界を間違った枠組みで歪める

★今日のフレーズ:

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」(ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド/日経BP社)より


『特に、分断本能による勘違いはたちが悪い。「金持ち」対「貧乏」という、世界を間違った枠組みで分けてしまうと、頭の中にある世界のイメージが隅々まで歪められてしまうからだ。』(p31)




★解説:

「途上国」という表現は避けるべきだ、
 と、著者は本書で繰り返し主張しています。

「途上国」という括れば、必ず対称に、 
「先進国」が自動的に生じます。
 両者を並べると、世界にはこの二者しかなく、
 さも「分断」されているかのように感じます。

 実際のデータでは、中間域に位置する層は、
 地球全人口の75%も達するにもかかわらず。

 私たち個人のレベルでもそう。
「あいつはあんなに幸せそうなのに」
「自分だけ何故こんなに不幸なんだ」
 そう思いたくなってしまう時もあります。

 けれども、あらゆる面において幸運で幸福、
 そんな人はきっと、1%もいません。
 
「アイツと私は幸せのレベルで分断されている」
 そんな錯誤が、日常的な勘違いがあるはずだ。
 まずはその前提で考える必要があるのです。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 斎藤一人「成功する人は嫉妬しない」
  ↓ ↓ ↓
 https://youtu.be/OiWxgPyBxb4
 妬みは自分を向上する行動に変えなきゃ毒。


 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:
FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
ハンス・ロスリング オーラ・ロスリング アンナ・ロスリング・ロンランド
日経BP社

 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2019年03月19日

ファッションは上級者ほど引き算

★今日のフレーズ:

引き算する勇気 ― 会社を強くする逆転発想」(岩崎邦彦/日本経済新聞出版社)より


『「ファッションとは、上級者になるほど引き算である」
 (ココ・シャネル)』(p140)



★解説:

「一番カッコいいファッション。
 それは、Tシャツにジーンズですよ」
 メンタリストDaigoさんの問いに、
 あるスタイリストの方はそう答えたそうです。
 
 なぜなら、ここまでシンプルな服で映えるのは、
 着る人自身がそのままでカッコいいから。

 服の素材がいい。デザインがいい。コーデがいい。
 ファッションに磨きをかけるには色々ですが、
 突き詰めれば“素の自分磨き”に行き当たります。

「足し算」のファッションでは見えない極意です。
 そして、ファッションに限った話でもありません。

 たとえば本当に美味しい料理は、
 素材本来の美味しさを決して殺しません。
 余計な味付けは、かえって質を落とします。
 
 スポーツでも工芸でも、達人であるほどに、
 何の気なく簡単そうに、身体を動かします。
 無駄な動作が限界まで省かれているからです。

 人生も、きっと同じではないでしょうか。
 足しすぎ、抱えすぎ、重くなりすぎて潰れる人。
 ちょうどいいサイズまで「引き算」して、
 等身大の人生を悠々と歩いていると見える人。

 そのどちらが「上級者」と言えるのかは、
 見方にもよりますが、概ね明快なはずです。


★今日の「ちょい足し」サプリ:

 際限なく求めると重くなる道理。


 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:

引き算する勇気 ―会社を強くする逆転発想
岩崎邦彦
日本経済新聞出版社

 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2019年03月15日

他者の課題を切り捨てよ

★今日のフレーズ:

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え」(岸見一郎、古賀史健/ダイヤモンド社)より


『他者の課題を切り捨てよ』(p143)




★解説:

「切り捨てる」といっても、
 他人が抱えている問題を「くだらない」と
 一刀両断するようなことではありません。
  
「他者の問題を熊手でかき集めるようにして悩む人」
 小林正観さんは、相談者に多い傾向を、
 そう言い表していました。
 
 自分自身が経済的に困窮していたり、
 健康面で問題を抱えていたり、
 仕事や勉学などで困難に直面していたり。
 これらはもちろん、自分自身の課題です。

 しかしそのどれもが、
「自分以外」の身に起きていることなら、
 一見冷酷でも、最終的にはその当人の課題。

 ずっと生活を養うことも難しい話ですし、
 病気や勉強を肩代わりなんてできません。
 当人が向き合い、解決や解釈するしかない。

 これを助けたいと想っての行動は尊いです。
 ただ、そう行動するという選択は、
 どこまでいっても「自分の課題」。

 手を差し伸べられてもなお、不幸に固執し、
 幸せに向く努力をしないのは「他者の課題」。

 こんなふうに“切り分けて”みてこそ、
 人生で無駄な労力を重ねて疲弊し、
 不幸な人と共倒れする――なんて、
 不毛な真似は避けられるというものです。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 自分には自分の学び、他人には他人の学び。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:


 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ