フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2019年01月29日

自分の心が穏やかになると、人間関係にも反映される

★今日のフレーズ:

小さいことにくよくよするな!愛情編」(リチャード・カールソン、クリスティーン・カールソン/サンマーク出版)より


『おもしろいことに、自分の心が穏やかになると、人間関係にも反映される。』(p224)




★解説:

 小林正観さんは、人の間で伝染する3つとして、
「あくび」「不機嫌」「笑顔」を挙げました。

 不機嫌から人に辛く当たってばかりいて、
 相手もまた不機嫌が返ってくるようになれば、
 当然人間関係は悪化する一方。

 相手をにこやかに受容し、
 理解に努めようとする姿勢を示せていれば、
 基本的には、人間関係は良好です。

 いずれにしても、自分自身の態度とは、
 大部分が、心の状態が決めます。
 
 ストレスが多いと中々簡単ではないですが、
 ストレスを感じにくくしたり、
 感じても心を回復させる方法はあるもの。

 ちなみに、ヨガや瞑想、エクササイズなど、
 定期的にリラックスやリフレッシュの時間を
 取る人は、ストレスを感じにくくなる、
 という研究結果はたくさんあります。

 どうにか改善させたい人間関係があるなら、
 一見回り道でも、まずはそうして自分を
 ほぐすことから始めてはどうでしょう。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 笑顔と魅力と人間関係は相関してるから。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:


 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2019年01月26日

優れた受信機能を身につけてこそ、いい知恵も転がり込む

★今日のフレーズ:

一日一話、寝る前に「読むクスリ」―今日より、もっと賢い生き方をする99のヒント」(二見道夫/三笠書房)より


『優れた受信機能を身につけてこそ、いい知恵も転がり込もうというものである。』(p142)




★解説:

 人に教えることによって、
 自分はより多く学ぶことができる――
 これは、間違いなく事実です。

 しかしここには、意味の取り違えによる、
 大きな落とし穴も存在しています。

『その口、“開けっぱなし”にご用心』

 著者の二見氏は、同書でそう述べます。

「教える」ことを、単なる開陳と履き違える。
 相手の言葉を遮ってまで、ただ喋りたがる。
 そうして“発信機能”ばかりが肥大すれば、
 必然的に“受信機能”は衰える、ということ。

「教える」というアクションには、
「どう伝えれば相手の奥底に届くか?」
 という試行錯誤も含まれるものです。

 そのためには、相手ときちんと向き合い、
 相手を学ぶ――“受信する”必要があります。

 そうして“教えた”相手が正しく学べば、
 化学反応が起きることもあるもの。
 その後のフィードバックを“受信”できれば、
 そこには、「自分はない知恵」があります。 



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 考え方っても、受け取る器と姿勢そのもの。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:

よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2019年01月24日

同じレベルの馬鹿を求めて心の安寧を求めるのが馬鹿の馬鹿たる所以

★今日のフレーズ:

新約 とある魔術の禁書目録(21)」(鎌池和馬/KADOKAWA)より


『……そもそも馬鹿が同じレベルの馬鹿を求めて心の安寧を得ようとしたのが馬鹿の馬鹿たる所以なのだ。自分が伸びて大きくなろうとは考えられないのかこの馬鹿は』(p109)




★解説:

 「It's Your Ship」の著者で知られる、
 マイケル・アブラショフ氏が、
 米国国防総省にいたころの実話だそうです。

 ある日、国防長官に届いたのは、
「空軍の兵士の待遇が良すぎる」
 との陸軍と海軍からのクレーム。
 空軍は福祉や居住環境が充実して贅沢だから、
 予算を減らして陸海軍に回してほしい、と。

 これに対し、長官はこう答えました。
「空軍は与えられた予算を有効活用して、
 人員の生活の質の向上を実践しているだけだ。
 他者の水準を引き下げるのではなく、
 彼らを手本として自らの水準を高めるよう、
 努めるべきではないのか」

 ――大変残念なことながら。
「低いレベル」でつるんでいると、
 より「高いレベル」の存在を引き下げて、
 たとえば陰口やアラ探しなどによって、
 劣等感を紛らわそうとしてしまいがち。
 
 もちろん自分が高まることはありません。
 むしろ他人の足を引っ張ることで、
 社会全体のレベルが下がってしまうことを、
 くれぐれも自覚しておかないといけません。

 天に吐いたツバは、どんな形をとるにせよ、
 必ず自分に落ちてくるわけです。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 何であれレベル上げには自覚と労力がいる。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:
新約 とある魔術の禁書目録(21) (電撃文庫)

鎌池和馬 KADOKAWA 2018-10-10
by ヨメレバ

 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2019年01月21日

自信のなさが、他者への悪態や攻撃性に結び付く

★今日のフレーズ:

新約 とある魔術の禁書目録(21)」(鎌池和馬/KADOKAWA)より


『あの優しげな修道女は何と言っていたか。
 自信のなさの表れが、他者への悪態や攻撃性に結び付いていく。』(p422)




★解説:

 人生を不幸へと導くものは数あれど、
 自分を他人と一々比較することは、
 その最たるものの一つでしょう。

 比較して、自分が優れていれば悦に浸る。
 程々ならよいですが、度が過ぎれは傲慢。
 
 比較して、自分が劣っていれば許せない。
 自己を高める動機にするならそれもよし。
 ですが、他者を引きずり下ろすことで、
 自分を優位と思いたがり始めれば危険信号。 

 どちらにしても、自らは何も成長しません。
 むしろ敵を増やし、味方を減らし、
 自分を痩せ滅ぼしていくだけ。

「攻撃は最大の防御」とはいいます。
 でもそれは、
「相手に反撃の隙を与えない」
 という方策が有効な場面での話。
  
 反撃、反論、はたまたキャッチボール。
 そういった「反応」を封じることによる、
 ある種の自己優位化戦略というものは、
 人間関係においては、とてもリスキーで、
 とても寂しいものではないでしょうか。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 他人のためになる自信満々ならね。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:
新約 とある魔術の禁書目録(21) (電撃文庫)

鎌池和馬 KADOKAWA 2018-10-10
by ヨメレバ

よい本をありがとうございます。

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2019年01月17日

「なにもしない」も一つのアクション

★今日のフレーズ:

新約 とある魔術の禁書目録(21)」(鎌池和馬/KADOKAWA)より


『自然に振る舞う限り、エネルギーは高い所から低い所にしか降りない。向こう側が一〇の構成要素から水星の記号を抜き取って避雷針を作り、『力』を誘導したのなら、こちらもルールに従うまでだ。避雷針への一撃に巻き込まれたくなければどうするべきか。近づかない、が正解なのさ。『なにもしない』というのも一つのアクションなのだ』(p101)




★解説:

「君子危うきに近寄らず」
「李下に冠を正さず」
「雉も鳴かずば撃たれまい」
 どれも同様の意味合いをもつ成語です。

 君子とは、賢い人。
「君子は豹変する」という言葉もありますが、
 方針や行動が目的にそぐわないとわかれば、
 躊躇なくそれを変えるのが、賢い人。

 イケイケだったのが急に大人しくなったり、
 あるいはその逆のこともやってのけます。 
 
 君子も、雉も、冠の人も、
 それが必要だと判断すれば、
 鳴くし、正すし、危険も冒すということ。

「消極」は、意志薄弱の無選択に思われがち。
 でも、彼らにとっての消極は、
 実に積極的で能動的な、選択肢のひとつ――

 と、いうことが飲み込めてくると、
 人生から無用なトラブルは減ってくるし、
 起きてくる問題は必要なことなのだろうと、
 腹をくくって学び取れるようになるのです。


★今日の「ちょい足し」サプリ:

 火を消したければ燃料を注がないこと。


 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:
新約 とある魔術の禁書目録(21) (電撃文庫)

鎌池和馬 KADOKAWA 2018-10-10
by ヨメレバ

 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ