フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2018年12月31日

商品はつくるより売るほうがむずかしい

本年も誠にありがとうございます。
2019年も人生のサプリメントをよろしくお願いいたします。



★今日のフレーズ:

松下幸之助・経営の真髄」(PHP研究所)より


『商品はつくることよりも、売ることのほうがむずかしい。』(p150)




★解説:

「販売とは一つの創作だ」
 と松下氏は言います。

 まったく同じ品を売っていても、
 売れる人と売れない人がいる。
 それは、商品の魅力の伝え方であり、
 売り手自身の特色の出し方次第。
 
「モノづくりニッポン」
 その復権が叫ばれる昨今。
 でも、どれほど高品質でも売れなければ、
 伝わらなければ復権なんて絵に描いた餅。 

「よいものさえ創れば売れる」
 そんな価値観は、きっと捨てたほうがいい。
「よいものだからこそ、伝えなきゃいけない」
 そんな熱意、情熱が、伝える創意工夫の源泉。
 
 伝え手は、商売人の専売特許ではありません。
 物を買い、サービスを使う、あなたも担い手。
 
「ニッポンの復権」は、いわば次代へのバトン。
 それがものづくりである必要はありません。
 が、いずれにしても必要なのは、
 私やあなた、一人ひとりの「創作」です。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 善人だからこそ企てなきゃいけない。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:
松下幸之助・経営の真髄 (PHP文庫)

PHP総合研究所 PHP研究所 1998-12
by ヨメレバ

 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2018年12月29日

何も特別なことが起きないことが、パーフェクトの感謝

★今日のフレーズ:

究極の損得勘定 Part2 − 1%の仲間たちへ 」(小林正観/宝来社)より


『何も特別なことが起きない、ただたんたんと生きることができる、穏やかに日々が過ぎていくことが、100%パーフェクトの感謝なのです。』(p84)



★解説:

 「いわゆる平凡」で人生を終える人が、
 きっと私たちの圧倒的多数を占めるでしょう。
 
 とはいえ、それは結果的な価値観。
 誰もが誰ものオンリーワンの人生を、
 それぞれの特別な人生を切り開く生き物。

 それぞれの波乱万丈をくぐり抜けた末、
 「平凡」に収束したように見えるだけ。

 そう。人間は、必ず波乱万丈。
 必ず、何事かが降り掛かってくるもの。
 最初から平凡に生きようと意図して、
 平々凡々で貫徹するほうが、むしろ特別です。

 さて。
 今の私は、どうでしょう。
 今のあなたは、どうでしょう。 
 
 必ず何事かが降ってくるのに、
 それでも今、息をして、生きていられる。
 波乱万丈な平凡を生きていられる。

 こんな笑っちゃうような奇跡が他にあるか?
 と訊かれたら、ちょっと答えようがないのです。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 成長しようとしないから問題が起きる話。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:

究極の損得勘定 Part2 − 1%の仲間たちへ 〜笑顔と元気の玉手箱シリーズ5〜

 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2018年12月26日

これが唯一の不満だとしたら、自分はなんて幸福なんだ

★今日のフレーズ:

小さいことにくよくよするな!愛情編」(リチャード・カールソン、クリスティーン・カールソン/サンマーク出版)より


『ある日私は考えた。これが妻に対する唯一の不満だとしたら、自分はなんて幸福な夫なんだ!』(p198)




★解説:

 人間、他人のアラはよく見つけます。

 夫婦や共同生活、職場などなど。
 誰かと時間空間を長く共有すればするほど、
 相手に対する不満点が出てきます。

 たとえどんな人格者であっても、
 大なり小なり、そうなりやすいもので、
 つまりはそれが、ヒトの習性のひとつ。

 ただ、この「大なり小なり」がポイント。
 
 放っておけば十や二十、百や二百出るのが、
 たったひとつふたつで済んでいる。
 それはあなたが人格者だから――

 なのかもしれませんが、それ以上に。
 相手があなたにとって素晴らしい人だから、
 と判断したほうが、よほど賢明なようです。


★今日の「ちょい足し」サプリ:

 相手に望めば望むほどイライラするわけで。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:


 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2018年12月24日

悪循環は全力で断ち切らなければならない

★今日のフレーズ:

覚悟の法則―自分の人生は自分で決める」(弘兼憲史/PHP研究所)より


悪循環全力で断ち切らなければならないというのは真理なのだ。』(p93)




★解説:

 一般的に、ネジは右向きに回すと締まっていきます。

 緩んだネジを締めたいのに、左向きに回していては、
 どんどん緩んで、いずれ外れてしまいます。
 
 “負のスパイラル“とも呼ばれるように、
 悪循環とは、いわばネジと同じの螺旋状。 

 何としても断ち切りたかったら、
 そして、時間が解決してくれる目はないのなら、
 それまでのやり口とは逆向きに回すか、
 せめて回すのを止めるしかありません。

 でなければ、人生で締めておくべきネジは、
 少しずつ、しかし確実に緩んでいき、
 いずれ抜け落ちてしまうのですから。

 電動工具を使ってもいい。
 他人に手を借りてもいい。
 とにかく、まずは循環を、螺旋を狂わせる。

 これが楽ではないからこそ、
 全力が必要になるのでしょうね。



★今日の「ちょい足し」サプリ:

 考え方を変えるのも楽じゃないけど見返り大。



 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■

★今日の一冊:


 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2018年12月22日

発想は盗まれて価値が出る

★今日のフレーズ:

「逆に考える」人が成功する 」(轡田隆史/成美堂出版)より


『発想は盗まれて価値が出る』(p78)




★解説:

 シャープペンシルの生みの親、早川徳次氏は、
 関東大震災で、妻子や財産ばかりでなく、
 その特許権も失ってしまったそうです。

 シャープペンシルの製造販売は、
 独占から、一気に他社各社に奪われました。
 
 しかしこの挫折を機に、早川氏は悟ります。

 どんな素晴らしい発明であっても、
 世に認められなければ商品にはならないこと。
 認められたなら、必然的にコピーされるため、
 発明家は常に“追われる立場”にあること。

 だからこそ、
 “他社が真似するような商品”をつくる、
 先駆けの存在であり続けること。
 それによって人も企業も成長し、
 社会の発展に貢献していけること。

 実際、特許や寡占、ブランドにあぐらをかき、
 自己改善を怠った者ほど、明確に没落します。
 
 盗まれるほど価値のある何かを産んだからこそ、
 真似するだけの輩では決して持ちえない、
 深い経験と知恵も備わっているもの。

 真に大切なのは、何を発明・発想し、
 何を産み出し送り出したかという結果、よりも。
 その結果を育んだ基礎や土壌にこそある――

 なぜなら、それは農産物と同じ。
 土壌が豊かだからこそ、従来とは違う作物も、
 すくすくと実ってくれるからです。  


★今日の「ちょい足し」サプリ:

 逆転発想術も、真似するからこそ活きるもの。


 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。
■■人気ブログランキングへ■■


★今日の一冊:
「逆に考える」人が成功する (成美文庫)

轡田隆史 成美堂出版 2003-02
by ヨメレバ

 よい本をありがとうございます。
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ