フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年04月21日

いちばんの勉強は人とかかわっていくこと


サービスの達人たち 究極のおもてなし 」(野地秩嘉/新潮社)より


『私たちにとって

 ビジネスホテルの仕事は勉強です。

 なかでも、いちばんの勉強は

 人とかかわっていくこと』(p118)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 人の間で生きるから人間、とはよく言ったもので。

 もし誰も他人のいない孤島に引きこもっていたら、

 その人のもつ「人間としての価値観」は、

 滅多に磨かれることはないでしょう。



 また、「他人に喜ばれると嬉しい」という、

 ヒト特有の本能を刺激されることもありません。

『「私たちにとってビジネスホテルの仕事は勉強です、なかでも、いちばんの勉強は人とかかわっていくこと、ちゃんと話をすることだったと思います。人とのかかわりは、世の中でいちばん大切なことです。
 私はお客さんとちゃんと話しました。掃除の現場で働くお母さんたちとは、お菓子を食べながら話しました。アルバイトの女の子とも向き合って話をしました。話をしていると、みんな、大変なんだなあと思います。大変な思いをしながら仕事をしていることがよくわかります。毎日が勉強でしたから、休みがなくても楽しく暮らしています」』(p118)


 小林正観さんは、

 人間関係とは「砥石」だ、と表現しました。



 伴侶ができた。子どもが産まれた。

 舅や姑、上司や部下、その他あらゆる縁は、

 自らの人格を磨くための砥石をひとつ、

 新たに手に入れたということ。




 研ぐからには身を削りますから、しばしば痛くもあり。

 しかしだからこそあなた自身は磨かれ、研ぎ澄まされ、

 素晴らしい輝きを放ち始められる、ということ。

 

 「眼の前のこの人は、

  私をどのように磨くために現れたのだろう?」



 そんなふうに捉え直すことで、

 あるいは苦手だと思っていた人との関係にも、

 少しずつ変化が現れてくる可能性は十分あるでしょう。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


サービスの達人たち: 究極のおもてなし (新潮文庫)

野地秩嘉 新潮社 2016-03-27
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ