フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年04月18日

怒りは周りの人も自分の体も傷つける

 
自分らしく生きて、死ぬ知恵」(斎藤茂太/中経出版)より


『怒っていると周りの人も傷つけるが、

 自分の体も傷つけているのである。』(p88)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 クルマに運転免許は必要ですが、

 私たちは生きることの免許も取らずに、

 人生を運転しているようなものです。



 まして、怒りなどの感情の使い方なんて、

 教わるどころか学べることさえ知らずに、

 今生を終えるほうが多数派かもしれません。



 まして、その感情が自らにどんな影響を及ぼすかも、

 自覚できる人とできない人とでは、

 人生の喜び、日々の生活の質に雲泥の差が出ます。



 それは健康や老化といった面において、

 顕著に、客観的に現れるようです。

イライラすると体によくないことは医学も証明している。「頭にくる」ような出来事があると、まず自律神経の交感神経がすずに反応してノルアドレナリンという物質が放出されるが、これが血管を収縮させ血流を乱すのである。そして、副腎という組織から放出されるアドレナリンが血小板を刺激して、体にさまざまな悪影響を及ぼすようになる。』(p87)
『一方、笑いはというと、興奮している交感神経をなだめ、自律神経の働きを調整する役目があるのだ。』(p88)


 人類は万物の霊長とされますが、

 それは進化の過程であらゆる生物の特質を、

 経験してきたということでもあります。

 

 たとえば毒蛇のように、

 怒ると目には見えない毒を発する“攻撃機能“が、

 今なお人類に残されている、といわれます。



 と同時に、笑いは人類だけに与えられた機能。

 それは、ヒトの真価のひとつは笑うことにこそある、

 という意味なのかもしれません。



 しかし最も肝心で、かつ確実にいえることは、

 私たちはそのどちらを選ぶかの選択肢、自由意思を、

 つねに備えているということではないでしょうか。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


自分らしく生きて、死ぬ知恵 (中経の文庫)

斎藤茂太 中経出版 2010-02-26
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ