フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年04月15日

「客のため」でなく「客の立場に立って」仕事する

 
カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言2 」(村上龍/日本経済新聞出版社)より


『「お客様のため」ではなくて、

「お客様の立場に立って

 仕事をしていくんだ』(p126)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 売り手と買い手がいるからこそ、仕事は成り立ちます。

 ただこのとき、売り手(供給側)と買い手(需要側)、

 両者の間にある提供物にギャップがあればどうなるか。



 売り手にとってそれが「最高の製品」でも、

 買い手にとっては「イマイチ」。

 それでは商売として成り立たず、

 仕事としても継続していきません。



 もちろんこれが逆なら、改良を重ねる度に、

 引く手あまたとなっていくことでしょう。

『お客様のためというと、どうしても自分の経験に基づいた押しつけになってしまう場合が多いんですよ。ところがお客様の立場に立つと、自分たちでやるには抵抗のあることが多くて、その抵抗を乗り越えてやっていかなければいけない。』(p126)
>『おにぎりも最初は売れないと言われた...常識外れのことをやったら、「無理だよ」と必ず言われるんです。でも日本人は昔からおにぎりをよく食べていました。』(p124)
『やはり売り手側で考えてしまったらだめなんです。うっかりすると、みんな専門家になってしまう。』(p125)


 売り手買い手の話に限ったことではありません。

 親と子、上司と部下などにおいても、

 似たようなことはいえます。



 親子なら、至れり尽くせりの世話をして、

 子の苦労を取り除いてやることが親のつとめ、

 と無意識に考えてしまっている人もよくいます。



 しかしそれは、一歩どころか半歩間違えれば、

 子どもの経験と学び、成長の機会を奪い、

 生きる力を失わせる、一種の虐待になります。



 もちろん、

 「ビシバシ鍛えて戦力になってもらわなければ」

 と徹しすぎて、部下をあまりに突き放せば、

 困るのは上司であり会社です。

 

 「肝心なのはサジ加減」

 と思いがちですが、実はそうでななく。

 「本質的に最も大切なこと」を、

 しっかりと把握しているかどうかにあるのです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言2 (日経ビジネス人文庫)

村上龍 日本経済新聞出版社 2013-06-04
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年04月14日

「涙のあとに立ちあがる」と書いて「泣く」



心にズドン!と響く運命の言葉 」(ひすいこたろう/三笠書房)より


『「涙のあとに立ちあがる

 と書いて「泣く」』(p210)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 「笑い」が心身の健康によいのはご存知の通り。

 しかし実は、「泣く」ことにも、

 笑いと同等かそれ以上の健康効果があるそうです。


 
 もちろん、被害者意識に基づく哀しみや、

 不幸感による涙ではなく、

 いわゆる感動の涙において、ですが。

  

 つい先日も、卒業式などで「別れの涙」が、

 数多く見られたのではないでしょうか。

 新たなる門出の証でもあるその涙は、

 今日のフレーズにも、最も当てはまるでしょう。

『涙は心のデトックス』(p209)
『涙の数だけ、人は生まれ変わる。
 だから、泣きたいときは泣いたほうがいい。』(p210)


 一昔前でこそ、

 「人前で泣くのはみっともない」

 という観念が大手を振っていました。



 が、駄々をこねて泣きわめくのとは違い、

 嬉しいとき、感動した時に涙を流す姿は、

 むしろ人間的・人格的な魅力を映します。



 “涙のあとに立ちあがる”のは、

 あなた自身の心だけではなく、

 あなたの魅力に気づいた誰かとの“縁”も、

 含まれているのかもしれません。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


心にズドン!と響く運命の言葉 (王様文庫)

ひすいこたろう 三笠書房 2009-01-28
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年04月13日

信頼を得たいなら、まず自分の言葉づかいを見直す



限りなくシンプルに、豊かに暮らす 」(枡野俊明/PHP研究所)より


『周りの人たちからの

 信頼を得たいと思うなら、

 まずは自分の立ち居振る舞いや

 言葉づかいを見直すことです。』(p169)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 あなたという“ヒト”は、一人しかいません。

 しかし、あなたという“人間”は、

 あなたの存在を知る人の数だけいます。



 Aさんの中にいるあなたは、とても明るい人。

 Bさんにとってのあなたは優しい人で、

 Cさんにとっては、憎い偽善者かもしれません。



 人それぞれ受け取り方は違うため、

 どれをとっても全くの同一とはいきません。

 が、三者の例で言えば、共通しているのは、

 「善意ある言動を受け取った」ということ。

 

 たとえあなたが、腹の底では

 何とも思っていなかったとしても。

 その言葉と行動が、あなたという人間を善人にした――

 と言えるのではないでしょうか。



 もちろん同じ原理は、

 信頼を失う方向にも作用します。

『行動は多少乱暴でも、心の中は優しい。言葉づかいは荒っぽいけれども、本心ではそんなことは思っていない。周りの人たちはきっと自分の心を分かってくれている、そう言う人がいます。しかしそれは違うと思います。暴飲暴食を重ねて、いつも傲慢な振る舞いをしている。怒りを前面に出し、部下を怒鳴りつけている。そういう人で心が整っている人を私は知りません。』(p168-169)
『「三業を整える」...三業というのは「身業」「口業」「意業」の三つです。...心を整えるためには、まずは立ち居振る舞いをただし、美しい言葉づかいを心がける。その先にこそ「意業」があることを忘れてはいけません。』(p168)


 どんな植物にも根があるように、

 あなたの人物像を形作る「根っこ」となるものも、

 一切の例外なく存在します。



 あるいは、その草木が人の役に立つかどうかも、

 人々は花や果実や、全体的な佇まいを“観て”、

 判断しがちなものです。

 たとえそれが上辺だけのものであっても。



 その傾向や習性に愚痴をこぼすのは勝手ですが、

 あなたはあなたの“そうありたい”あなた自身を、

 その言動によって創造を試みるほうが、

 よほど人生幸福に充実しますよ。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


限りなくシンプルに、豊かに暮らす

枡野俊明 PHP研究所 2015-09-12
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年04月12日

思いやりのある人は、ときどき頼みごとをする


人は短所で愛される 」(中谷彰宏/PHP研究所)より


『思いやりのある人は、ときどき

 頼みごとをしてくれます。』(p99)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「相手の感謝を本気で拒絶すると、

  かえって恨まれることになる」

 という言葉もあります。



 他者に“与える”気質の強い人ほど、

 人を頼ることや、人に求めること、

 つまりは人から“与えられる”こと対する抵抗感も、

 強くなりがちになるのは珍しくありません。



 しかし、相手の力を素直に借りることを通じ、

 その好意を受け取ると、相手に喜びを与えられる。

 その事実は決して見過ごしてはいけません。

『自分の頼みごとを引き受けてもらえるのは、
 うれしいものです。
 相手から頼みごとをされるのも、うれしいものです。
 頼みごとをしてばかりいると、心苦しいのです。
 いつも頼みごとばかりしている人は、
 頼みごとをされることで、
 やっとお返しできたと、ほっとすることができます。』(p99)


 しあわせの語源は「為し合わせ」という説もあります。

 一方通行で与えるだけでは「合わせ」になりません。

 与え合い、受け取り合う。

 その相互通行が不可欠、ということですね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


人は短所で愛される PHP文庫[Kindle版]

中谷彰宏 PHP研究所 2015-09-18
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年04月11日

苦しみの原因はまず自分自身で探る


もっと「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉ゴールド」(植西聰/三笠書房)より


『ブッダはまず、

「その苦しみの原因を、

 自分自身で探りなさい」

 と教えます。』(p113)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 一概に「苦しみ」といっても、

 生物的、生理的な苦しみもあれば、

 思考的、意識的な苦しみもあります。



 前者はたとえば怪我など、

 誰にとっても原因は明確で、痛みがあります。



 一方の後者は、同じ「傷」を得るような状況でも、

 ある人には立てなくなるほどの痛みがあれば、

 ある人には毛ほどのダメージもありません。



 この差を生み出しているのはもちろん、

 「その人自身の思い方・捉え方」ですね。

『人が悩むのには、必ず「原因」がある。』(p112)
『このとき...できれば、ノートに箇条書きにしてみることを、おすすめします。
...思うままに、どんどん書きだしていくうちに、「そうか、私は知らないうちに、自分に都合のいいことばかり相手に押しつけていた」「自分の仕事が忙しく、相手の気持を考えていなかった」と、自分でその原因をつくりだしていたことに気づくことが多々あるはずです。...
 愚かな人は、原因を探ろうともせず、自分を省みることもせず、人のせいにし、他人を変えることばかり考えます。』(p113)


 もちろん、相手の理不尽の言いなりになれ、

 ということではありません。

 そのような極端な状況のことではありません。



 ただあるがままに振る舞っている相手や、

 あるがままに起きているだけの現象を、

 自分で勝手に「悪者」だと規定していないか。



 ふと振り返って吟味する冷静さがあれば、

 人生は大幅に、生きやすくなるものなのです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■

もっと「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉ゴールド (王様文庫)

植西聰 三笠書房 2012-12-26
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ