フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年04月20日

モヤモヤを続けるよりは、1度ミスしてふっ切る


なぜあの人は集中力があるのか」(中谷彰宏/PHP研究所)より


『モヤモヤした状態をずっと続けるよりは、

 1度ミスをしてふっ切れたほうが、

 本来の力を発揮できます。』(p121)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 バイオリズムというものがあるように、

 人間、常に永久に一定の実力を発揮できる、

 というわけにはいきません。



 それは、普段は緩やかに変動していますが、

 時には「調子のいい」状態から一転、

 劇的に「調子の悪い」状態へ変わることもあり、

 またその逆もあります。



 面白いことに、そのどちらも、

 しばしば「ミス」が誘発のファクターとなります。

『また、調子のいい状態が続くと、自然に力が入ってきます。
 力が入りすぎた状態になった時でもミスをすることで、力を抜くことができます。...
 たとえば野球で、パーフェクトに近い状態の試合をしていた人が、ヒットを打たれたあとで、かえってピッチングの調子がよくなることがあります。...
 イージーミスをした時に、自分の頭の中で、「これで力が抜けた」と考えられればしめたものです。 』(p121)


 ミスとは違いますが、

 たとえば失恋などでも同じことはいえますね。
 


 失恋のショックのあまり塞ぎ込み、

 活力を失ってしまう人がいる一方で、

 相手に合わせようと無理をしていたと自覚する人や、

 「もっと素敵な自分になろう」

 と、失恋をバネに一念発起する人もいます。



 同じように、低調時に発生したミスに対し、

 「ああ、やっぱり自分はダメなんだ」

 と、よりいっそう落ち込むか。

 「ああ、かえってこれでふっ切れた」

 と、朗らかにほくそ笑む(笑)か。



 もちろん選ぶ自由は誰にでもありますが、

 どちらが得かは、とっくに明白ですね。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■

なぜあの人は集中力があるのか 仕事も勉強もうまくいく48の具体例 (PHP文庫)[Kindle版]

中谷彰宏 PHP研究所 2012-08-09
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年04月19日

できないことは必要のないこと


斎藤一人 元気が出る魔法の法則 」(舛岡はなゑ/PHP研究所)より


『できないことは、

 自分にとって必要のないこと。』(p63)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 たとえば、

 「自分はフルマラソンが完走できない」

 と嘆いているとしましょう。



 完走自体が目的なら、練習しかありません。

 でも、40km以上先の目的地に行きたいだけなら、

 バスでも電車でも自転車でも構いません。

 どちらにしても、嘆くだけ時間の無駄ですね。
 
『足が遅い、運動神経が鈍いと落ち込んでいる人もいますが、オリンピック選手を目指しているわけではないのですから、足が遅くても生きていくうえで何の問題もありません。そんなことで元気をなくすなんて、バカバカしいと思いませんか?』(p63)
『不得意なものがたくさんあった私ですが、別に気にしていません。だって、得意な人にやってもらえばいいんですから。』(p62)


 人にはそれぞれ、得手不得手があって当然です。

 互いに補い合って、この社会は回っています。



 練習し、努力すること自体は否定しませんが、

 できないこと、どうしても身につかないことに、

 あなたの人生の貴重な時間をつぎ込み続けるのなら。



 それが得意な人や物の力を素直に借りて、

 あなたはあなたの得意なことで人の助けになる方が、

 よほどお互いに幸せなのではないでしょうか。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


斎藤一人 元気が出る魔法の法則 (PHP文庫)[Kindle版]

舛岡はなゑ PHP研究所 2015-04-17
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年04月18日

怒りは周りの人も自分の体も傷つける

 
自分らしく生きて、死ぬ知恵」(斎藤茂太/中経出版)より


『怒っていると周りの人も傷つけるが、

 自分の体も傷つけているのである。』(p88)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 クルマに運転免許は必要ですが、

 私たちは生きることの免許も取らずに、

 人生を運転しているようなものです。



 まして、怒りなどの感情の使い方なんて、

 教わるどころか学べることさえ知らずに、

 今生を終えるほうが多数派かもしれません。



 まして、その感情が自らにどんな影響を及ぼすかも、

 自覚できる人とできない人とでは、

 人生の喜び、日々の生活の質に雲泥の差が出ます。



 それは健康や老化といった面において、

 顕著に、客観的に現れるようです。

イライラすると体によくないことは医学も証明している。「頭にくる」ような出来事があると、まず自律神経の交感神経がすずに反応してノルアドレナリンという物質が放出されるが、これが血管を収縮させ血流を乱すのである。そして、副腎という組織から放出されるアドレナリンが血小板を刺激して、体にさまざまな悪影響を及ぼすようになる。』(p87)
『一方、笑いはというと、興奮している交感神経をなだめ、自律神経の働きを調整する役目があるのだ。』(p88)


 人類は万物の霊長とされますが、

 それは進化の過程であらゆる生物の特質を、

 経験してきたということでもあります。

 

 たとえば毒蛇のように、

 怒ると目には見えない毒を発する“攻撃機能“が、

 今なお人類に残されている、といわれます。



 と同時に、笑いは人類だけに与えられた機能。

 それは、ヒトの真価のひとつは笑うことにこそある、

 という意味なのかもしれません。



 しかし最も肝心で、かつ確実にいえることは、

 私たちはそのどちらを選ぶかの選択肢、自由意思を、

 つねに備えているということではないでしょうか。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


自分らしく生きて、死ぬ知恵 (中経の文庫)

斎藤茂太 中経出版 2010-02-26
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年04月17日

自己実現する人の共通点は「にもかかわらず」と考えること

 
好かれる人 」(加藤諦三/PHP研究所)より


『マズローは自己実現している人の

 考え方の共通点は

にもかかわらず」と考え得る

 ことだと述べている。』(p52)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 極端な例かもしれませんが、

 「夜と霧」の著者フランクルは、

 絶望的な強制収容所内での日々“にもかかわらず”、

 希望を失うことなく、生還を果たしました。



 もちろん、希望を失わなかった人間が、

 必ずしも生還できたわけではないでしょう。 



 しかし肝心なのは、自らの外部がどんな状況であれ、

 人は自分自身の芯、価値判断を、

 保ち続けることが可能である、という事実です。

 

 それは、自分を好きでいるか、

 それとも嫌いであるかについても、同じことです。   

『庭にぺんぺん草が生えている。取っても、取っても生えてくる。しょうがない
 弱点があっても「それでも私は好かれているんだ」と思うことで、人はその弱点を乗り越えていく。
 これがマズローの「にもかかわらず」である。』(p52)
『自己実現している人、好かれる人は、馬鹿を前向きに受け入れることができる。「学歴なんかなくても、オレはお前が好きだ」という人がいて、自信が持てるようになる。』(p53)


 人は、自分を無条件に受け容れてくれる人を、

 好きになるもの。

 逆に「●●だから」という条件付きの愛は、

 関係に必ず、歪みや破綻をきたします。



 結果的に人に好かれている人かどうかは、

 この基準で見比べてみると、

 だいたい間違いがないように見受けられますね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


好かれる人 (PHP文庫)

加藤諦三 PHP研究所 2012-02-03
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年04月16日

優秀な人から盗むなら、スキルより人格

 
まんがでわかる7つの習慣 Plus」(小山鹿梨子/宝島社)より


『優秀な人から何かを盗もうと思うなら、

 スキルそのものではなく、

 資質や人格に注目したほうがいい。』(p58)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 大リーグでも活躍した往年の名ピッチャー、

 野茂投手のトルネード投法を形だけ真似ても、

 とうていマトモな球は投げられません。



 あの奇抜でダイナミックな投法の実現には、

 足腰に途方もない強靭さと柔軟さが必要です。

 ひいては、それらを実現するトレーニングや、

 日々の生活における摂生などが不可欠。

 

 それを無視し、投球にならないだけならまだしも、

 ひっくり返って大怪我しては目も当てられません。



 ですから、本当に真似るべき、手本とすべきは、

 その土台となる足腰の鍛え方や、野球への姿勢。

 それが身につけば、トルネードは会得できなくても、

 自分自身にとってベストな投球法が編み出せます。



 ――と、野球を例にしてみましたが、

 もちろんそれ以外のあらゆる場面・分野も同じです。

資質や人格に注目...(知識やスキルを更新する)努力を惜しまないところ、自分や他人に誠実なところ、思いやりがあるところ、諦めないところ、聴き上手なところなど、さまざまな美点(土壌の良質さ)が見えてくるはずだ。』(p58)
『「P/PCバランスを考えるという発想...
 資質や能力(PC)以上の成果(PC)を出すことはできない。PCとPは必ずバランスがとれるようになっている。そこで結局、よい成果を挙げるためには、自分を高めるしか無い、という結論となる。』(p139)


 誤解してはいけないのが、

 「まずは形から真似る」のがいけないわけではない、

 という点です。



 ただし、まずは形から入ったとしても、

 その結果、形から真髄を読み取り、消化することが、

 最終的な上達には不可欠。



 学びの入り口は違っても、出口(極意)は同じ。

 本質的に肝要なことはなにか、を考える癖がつくと、

 どの分野、どこの世界においても、

 立派な成果を収める可能性は高いでしょうね。

 



 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■

まんがでわかる7つの習慣 Plus (まんがでわかるシリーズ)

フランクリン・コヴィー・ジャパン 小山鹿梨子 宝島社 2016-01-15
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ