フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年03月18日

限界を口にすればそれは自分の限界になる


小さいことにくよくよするな!―しょせん、すべては小さなこと」(リチャード・カールソン/サンマーク出版)より


限界を口にすれば、

 それは自分の限界になるのだ。』(p242)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 とかく「できない理由」を探すことにかけては、

 私たちはほとんど全員、超がつくほどの達人です。 

 

 「こういう前例があるから」うまくいかない。

 「前例がないから」うまくいきっこない。

 何がなんでも論理的に”思える”論拠を挙げては、

 「だから私には無理なんだ」と行動を止めます。

 

 これが、人生を後悔で満たし、不幸に陥れる、

 最大理由のひとつです。

『たとえば「文章なんてとても書けない」と思い込むとする。次に、そのことを証明するような例をあちこちから引っ張り出してくる。高校時代のへたなエッセイ、書くのに苦労した手紙。ためしてみる前に恐怖の思い出で頭をいっぱいにして自らを制限してしまう。作家でもなんでも、とにかくなにかになるための最初のステップは、最大の批評家であるあなた自身を黙らせることだ。』(p123)


 もちろん、ここで一念発起して「文章を書き始め」ても、

 いきなり歴史的名作が産まれるわけがありません。



 「だからやっぱりダメだった」と考えるなら、

 人生も人間もナメきっています。

 

 なぜなら、人は上達するようにできているのですから。

 そして、その上達具合を公正に見極めるのは、

 「自分という批評家」が最も苦手とするところ。



 「限界などない」自分を信じることは、

 「限界を作ろうとする」自分を信じないことと、

 表裏一体のワンセットなのです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ