フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年03月12日

結局は難所がいちばんいい所


斎藤一人 元気が出る魔法の法則 」(舛岡はなゑ/PHP研究所)より


『私は秩父の三十四観音のなかでは

 二十七番と三十一番と三十二番目が

 とっても好きです。

 結局は、難所といわれているところが

 いちばんいい所なんですね。』(p201)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 本書によると、秩父の三十四観音参りは、

 二十五番目くらいまでは市街地にあるため、

 けっこうすんなりと回れるのだそうです。



 本番はその後――二十六番目以降は、

 険しい山道を何十分と歩いて、やっと辿り着く場所。

 三十二番に至っては、なんと崖の上にあるのだとか。



 ぶら下がっている鎖をよじ登った先に待つのは、

 優しい顔の観音像と、秩父の街を一望できる絶景。

 

 もし同じ光景で、あっさり辿り着く場所だとしたら。

 その感動度合いは、どれほど違うことでしょうね。

『人生だって同じだと思います。調子よく進んでいくと、必ず難所が待ち受けている。でも、必死に黙々と、足元を見て進んでいくと必ず乗り越えられて、素晴らしい快感を得られる...。この快感を知ってる人は、人生でもくじけないと思います。』(p201)


 「料理を最高に美味しくするスパイスは空腹」

 ともいいます。




 一分一秒を待つことも耐えられず。

 数分の距離を歩くことも敬遠し。

 一日三食で片時の空腹も体に許さず。



 とかく人は、あらゆる不快感を駆逐したがり、

 外的な環境を遮二無二整えたがります。



 が、その結果待つのは、

 自分自身の弱体化と硬直化、

 そして、むしろ更に大きなストレスです。



 困難にのめり込む必要はありません。

 が、時には不快や困難を、ただ味わってみましょう。

 それが、空気の淀んだ部屋の窓を開けるように、

 人生に感動を呼び戻すきっかけになりますから。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


斎藤一人 元気が出る魔法の法則 (PHP文庫)[Kindle版]

舛岡はなゑ PHP研究所 2015-04-17
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ