フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年03月11日

時間をかけて考えたところで、絶対的な正解などない

 
社長の掟 業績を上げ続けるための60則」(吉越浩一郎/PHP研究所)より


『いくら時間をかけて考えたところで、

 絶対的な正解などないのである。』(p142)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 本書は、タイトルのとおり、

 「社長」という立場にスポットを当てたものです。



 目まぐるしく変わる社会とビジネスの情勢のなか、

 一々「絶対的な正解」を求めて長考していたのでは、

 ことごとく機を逃してしまうのは明らか。



 時間的にも、資力体力的にも、

 やり直しや修正する余裕のある内に決定し、

 実行に移すのが、基本的な大原則です。
 
『社長が決められない間、社員はただ無駄な動きをしているだけ、そんな会社に勝機があるはずがないだろう。
 それよりも、六割の確かさが見えたら、社長はすかさずゴーサインを出す。それで、あとは担当者が仕事をして、結果が出て一段落したら、さらに次の着地点に向け進むのだ。』(p142)
『大事なのは、「こういうケースには正解がないということを知っていること」だ。...何を選んでもそれなりに理由はつけられる。けれども、論理的に考えても「これしかない」という最適解はないのだ。』(p140)


 ちなみに。社長職やビジネスに限らず、

 「時間が解決してくれる」ものは、

 もちろんたくさんあります。



 ただし、そのほとんどは、

 「マイナスに陥ったものがゼロに戻る」こと。

 「明らかにプラスに転じる」解決には、

 時間に任せるだけでは、滅多になり得ません。

 

 その転結には、運と、行動が必須。

 では、どんな行動をすればいいのでしょうか。



 選択肢や可能性は、常にいくつも存在します。

 が、確実にわかっていることはただひとつ。

 「どれが正解かなんてわからない」ということ。



 だから思いつく限り百でも千でも手を繰り出して、

 ようやくひとつ、当たりが出る――



 何事もうまくいっている“運のいい”人ほど、 

 そのことを熟知しているのではないでしょうか。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


社長の掟(おきて) (PHPビジネス新書)

吉越浩一郎 PHP研究所 2014-06-19
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ