フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年03月07日

貧しさとは意欲を失っている心の状態


「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉」(植西聰/三笠書房)より


『「貧しさ」とは、

 お金がないことではなく、

 「意欲を失っている心の状態」

 をいう言葉』(p123)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「近頃の新入社員は指示待ちが多くて……」

 などというボヤキを、時々耳目にします。

 

 とはいえ、それもまた与えられた手札の内。

 上司や先輩にとっては、指示の出し方を研究し、

 身につけるための格好の練習台にもなるわけで。

 必ずしも悪いことばかりではないのです。

 

 ですが、これが「仕事」にではなく、

 「人生」に対して指示待ちだったとしたら?

 

 仕事では責任持って面倒を見てくれる上司も、

 生き様そのものについてとなると、

 必ずしもそうはいきません。



 あまり人生に消極的でありすぎると、

 次第に人から、運から見放され、

 色んな意味で「貧しい」状態に陥ってしまいます。

『家貧未だ是貧ならず
 路貧は人を愁殺す...
 前段は「家が貧乏なのは、決して恥ずかしいことではありません」という意味。
 後段の「路貧」とは、悟りを得るために、人から「こうしなさい」と言われてやっと行動を始めるという意味。自らの人生に対して消極的で、自分の意志で「こうする」と決めようとはせず、誰かから命じられない限り怠けてばかりいることで、そのような生き方は、自分の心を落ち込ませていくばかりであるというのが、言葉の意味です。』(p122-123)


 打開策はただひとつ。

「積極的になる」ことだけです。

「どうしたら積極的になれますか?」と聞かれても、

「積極的に実践する」以外には答えはありません。



 しいていえば、目の前の人の助けになること、

 喜ばれることは何か?と考えて、それをしてみる。

 必ずしもうまくいくとは限りませんが、

 失敗と思ったら改善し、工夫する。



 そして、いざうまくいった、喜ばれたとき。

 「ああ、こうすればいいのか」という次なる意欲が、

 充実感とともに湧いてくるでしょう。

  




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉 (王様文庫)

植西聰 三笠書房 2011-03-29
by ヨメレバ



posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ