フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年03月16日

噂を信じない人を英語で「ビッグシンカー」という

 
仕事ができる人の「しないこと」リスト」 (中島孝志/三笠書房)より


『噂を信じない。

 ガセネタを鵜呑みにしない。

 こういう人のことを、英語では

ビッグシンカー」といいます。』(p142)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 まず大前提として。

 新聞、テレビ、ネット、口コミなどの媒体を問わず、

 私たちが知るニュースは、ほぼ全て「伝聞情報」です。



 私たち自らが、

 それを見て触れて感じたものではありません。 

 つまり、その情報が本当に事実かどうか、

 確定する論理的根拠は存在しないのです。



 このことを弁えておかないと、

 特にビジネスの場合においては、

 時に致命的な結果も招きかねません。

『仕事で結果を出すには「いい情報を集めること」「ガセネタに振り回されないこと」が重要...すなわち、「情報は集める能力に関係するのではない。収集した情報を解析するスピード、信憑性がどれだけあるかを見極めるスクリーニング能力、そして正確に的確に吟味する判断力にある」ということです。そのために重要なことは、いったん集めた情報を「どんどん捨てる」ということ』(p138)


 もちろん、個人的信頼をベースに、

 「あなたの言うことだから」

 と肯定する分には、まだいいのです。



 問題は、いわゆる報道に載る情報や、噂話の類。

 必ずそれらには「情報としての出処」があり、

 必ずその時点で「フィルター」がかけられています。



 古今東西、国や社会が「間違える」ときには、

 これを大多数の人が見抜けないでいるものです。
 
『日本の新聞を読むにはコツがあります。「どうしてこの時期にこんな情報を出したのか」「この情報を流して得をするのは誰なのか」に注目するのです。絶対にしてはいけないことは「鵜呑み」にすることです。田舎に行くと、「新聞に書いてあったから(正しい)と思い込んでいる人が少なくありません。
新聞情報は必ずしも正解ではないのです。...
 きちんとした情報を得るにはそれなりにコストがかかります。「これは信頼できる」という情報源を見つけて、そこから勉強することです。』(p141-142)

 
 私たちができることは、上にあるとおり、

 まず自分自身が「鵜呑みにしない」こと、

 ひいては「フィルターに“気づく”」ことに他なりません。



 必ずしも“見抜く”ことができるとは限りません。

 が、まずはそこから始めていくことで、

 余計な情報や妄想に振り回されない自分に近づき、

 心穏やかにいられるようになる可能性は高いのです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


仕事ができる人の「しないこと」リスト (知的生きかた文庫)

中島孝志 三笠書房 2012-10
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年03月15日

人はいつだって間に合う、と書いて人間

 
心にズドン!と響く運命の言葉 」(ひすいこたろう/三笠書房)より


『「人」はいつだって「間」に合う

 と書いて「人間」。』(p152)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「人の間で生きるから人間」

 とはよく聞く解釈ですが、

 「間」を別の角度で見れば、

 今日のフレーズはなるほどと思います。



 人生は、何度でもやり直すことができる。

 人は毎晩、眠りという死を迎え、

 毎朝、目覚めという誕生を迎える。



 いつでもどこでも、今この瞬間こそが、

 スタートであるし、スタートになる。



 そういった慧眼のいずれもが、

 「間に合う」という一言に凝縮されています。 

『「人」はいつだって「間」に合う、と書いて「人間」。
 いつでもこれからなのです。いつだって、人は間に合うのです。
 人は生まれ変わることができる。生きている間に何度でも、何度でも。
 本気になったときに変われるのです。』(p152)


 ただし、上の引用の、

 最後の一文を見逃してはいけません。



 変わる、スタートを切るということは、

 それまでの習慣を断ち、新たな習慣を創る、

 ということと同義です。



 なんとなく、で変えられるほど、

 これまで染み付いた習慣は甘くはありません。



 本気で――どこまでも何度でも工夫して、

 「今」挑み続けることだけは、不可欠です。

 それさえできれば、あとはラクですけどね。

 



 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



心にズドン!と響く運命の言葉 (王様文庫)

ひすいこたろう 三笠書房 2009-01-28
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年03月14日

何も起きないことは、実は奇跡の連続

 
究極の損得勘定 Part2 − 1%の仲間たちへ 」(小林正観/宝来社)より


『病気をしない、事故にも遭わない、

 何も起きないで過ごせることは、

 実は奇跡の連続と言えます。』(p84)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 仏教の四苦、「生老病死」は、

 「思い通りになどならない」からこそ、

 「苦」とされています。



 人生のほとんどあらゆることは、

 向こうから勝手にやって来るもの、

 勝手に起きてくるもの、というのが現実です。

 (病は自業自得の場合も多々ありますが……)



 つまり、人生では「何か起きるのが当たり前」。

 

 それが、起きない。

 「感謝の反対語は当たり前」といいますが、

 いつ起きてもおかしくない、

 しかもあまり起きてほしくない諸々が、起きない。



 これに身につまされるほどの感謝と喜びを覚える、

 という人は、既にこの世の天国を生きている、

 と言って過言ではないでしょう。

『「たんたんと何事もなく過ぎていく日々が、最も幸せだ」ということは、本当にすごい情報なのです。
 楽しいことを追い求めて、お金も時間も手間ヒマもかけていないと楽しめない、という感性から、世間一般の人から見たら「だから何?」というようなことに楽しみを感じられる、さらには、何もなくても楽しみや幸せを感じられるように。自分の感性を磨いていくと、自分がいつも楽しい。やはり究極の損得勘定なのです。』(p85)


 話は「何事もない」ことだけに留まりません。



 手がある。足が動く。目が見える。

 音が聞こえる。喋れる。呼吸ができる。

 すでに当たり前に得ている恩恵を、

 恩恵だと心から認識できる。



 そのレベルに意識を置いておくと、

 少々何事かあっても、「何事もない」も同然。

 

 私たちが、自分自身が生きられている事自体、

 最大の奇跡そのものである、と見抜いた人から、

 計り知れない「徳」と「得」をえるわけですね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



究極の損得勘定 Part2 − 1%の仲間たちへ 〜笑顔と元気の玉手箱シリーズ5〜


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年03月13日

楽しいと楽は対極


心にズドン!と響く運命の言葉 」(ひすいこたろう/三笠書房)より


『楽しいと楽は違うよ。

 楽しいと楽は対極。』(p109)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 仕事に限ったことではないですが、

 「楽しくないからラクをしよう(≒怠ける)」

 というケースは少なくないことと思います。



 結論から言えば、ほとんどのことは、

 「楽しくするからラクになっていく」もの。



 「楽しくないからラクをする」のは

 「楽」の字を否定し、不整合を起こしています。



 あるいは、

 「ラクだから楽しい」と最初は感じたとしても、

 それは決して長続きすることはありません。



 そういった横着志向であればあるほど、

 必ずひどく退屈を覚え、「楽しい」を失います。

 だんだん物事が億劫になり、心身ともに重くなり、

 結局「ラク」でさえなくなっていくのです。

 

 「ラクだから楽しい」から、「楽しいからラクになる」。

 まずは認識を、このように逆転させることです。

『「楽しきゃいいのか?」って。いいんだよ、そのかわり、楽じゃないんだよって。...
 楽しいことがしたいんだったら、
 楽はしちゃダメだと思うよ。
 楽しいことがやりたいと思った時点で、楽な道からはそれるんだよ。
  ――by甲本ヒロト』(p112)


 一心不乱に何かに打ち込むさまを、

 「寝食を忘れて」と表現することもありますね。



 周りから見れば過酷なように思えても、

 当人にしてみれば、楽しくてしょうがない状態。

 時間が経つのも忘れ、没頭している状態です。

 

 面白いことに、「人を楽しませる」働きもまた、

 そのように「楽しいを極めた=極楽」状態から、

 産まれてくるようですね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


心にズドン!と響く運命の言葉 (王様文庫)

ひすいこたろう 三笠書房 2009-01-28
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2017年03月12日

結局は難所がいちばんいい所


斎藤一人 元気が出る魔法の法則 」(舛岡はなゑ/PHP研究所)より


『私は秩父の三十四観音のなかでは

 二十七番と三十一番と三十二番目が

 とっても好きです。

 結局は、難所といわれているところが

 いちばんいい所なんですね。』(p201)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 本書によると、秩父の三十四観音参りは、

 二十五番目くらいまでは市街地にあるため、

 けっこうすんなりと回れるのだそうです。



 本番はその後――二十六番目以降は、

 険しい山道を何十分と歩いて、やっと辿り着く場所。

 三十二番に至っては、なんと崖の上にあるのだとか。



 ぶら下がっている鎖をよじ登った先に待つのは、

 優しい顔の観音像と、秩父の街を一望できる絶景。

 

 もし同じ光景で、あっさり辿り着く場所だとしたら。

 その感動度合いは、どれほど違うことでしょうね。

『人生だって同じだと思います。調子よく進んでいくと、必ず難所が待ち受けている。でも、必死に黙々と、足元を見て進んでいくと必ず乗り越えられて、素晴らしい快感を得られる...。この快感を知ってる人は、人生でもくじけないと思います。』(p201)


 「料理を最高に美味しくするスパイスは空腹」

 ともいいます。




 一分一秒を待つことも耐えられず。

 数分の距離を歩くことも敬遠し。

 一日三食で片時の空腹も体に許さず。



 とかく人は、あらゆる不快感を駆逐したがり、

 外的な環境を遮二無二整えたがります。



 が、その結果待つのは、

 自分自身の弱体化と硬直化、

 そして、むしろ更に大きなストレスです。



 困難にのめり込む必要はありません。

 が、時には不快や困難を、ただ味わってみましょう。

 それが、空気の淀んだ部屋の窓を開けるように、

 人生に感動を呼び戻すきっかけになりますから。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


斎藤一人 元気が出る魔法の法則 (PHP文庫)[Kindle版]

舛岡はなゑ PHP研究所 2015-04-17
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ