フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年02月21日

人生は思い通りにならないものと明らめよ



大往生したけりゃ医療とかかわるな 」(中村仁一/幻冬舎)より


『人生は「苦」(ドゥフカ、

 思い通りにならないもの)

 であると明らめよ』(p208)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 今日のフレーズは、仏教の教えにある、

 釈迦の言葉として知られています。



 「ドゥフカ(Duhkha)」とはサンスクリット語で、

 「思い通りにならない」の意だそうです。

 和訳として「苦」という字があてられたのですね。

『この言葉ですが、2500年も前に、釈迦が気づいた生、老、病、死が「苦」で、人間の思い通りにならないものというのは永遠の真理で、時代が移って、少しばかり医学が発達したからと言って変わるはずのないものという意味なのです。それを、老いを病にすり替え、死すらも何とかなると錯覚させられてしまったところに、大きな問題があるように思われます。』(p211)


 医療の進歩、といえば聞こえはよいのですが、

 それは同時に「病気の発明」の歴史でもあります。

 

 「○○病」と名前をつけることによって、

 その人のあるがままの天寿を「異常」と見なす文化、

 と言ってもいいかもしれません。



 もちろん、それは必ずしも害のあることや、

 意義のないこと、と言いたいわけではありません。

 ただ、ヒトの「病気」は1万種以上あるのに対し、

 サルの「病気」は10数種が定義されるのみだとか。



 それでも、サルは自然に生命を繋いでいるのですから、

 現代人がどれほど「病気という信仰」への盲信を通じ、

 生老病死を明らかに眺めず、苦を生み出しているか、

 推して知るべし、かもしれません。 






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)

中村仁一 幻冬舎 2012-01-30
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ