フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年02月18日

「何でもそろってます」ということ自体が個性になる

 
グーグルを驚愕させた日本人の知らないニッポン企業 」(山川博功/講談社)より


『いくらでも大量に展示できるとなれば、

「うちは何でもそろってますよ」という

 こと自体が個性になりうる。』(p77)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 著者が率いる中古車業「ビィ・フォアード」は、

 アフリカへの中古車輸出で大躍進している企業。



 当然ながら、その車種は多岐にわたるとのことですが、

 以外にも当初は、スポーツカーをほぼ専門として、

 取り扱っていたのだそうです。



 しかし、ネットでの取引、いわゆるeコマースを契機に、

 著者は状況の変化を敏感に察し、舵を切ります。

『スポーツカー路線を思いついたとき、私の頭には、町の中古車屋の姿があったんだと思います。個性がないと生き残れない。だからスポーツカー専門店でいこうと。でも、敷地面積の問題や展示できる台数に限りがある実店舗と、いくらでも商品をならべられるネットショッピングはまったく違います。』(p76)


 ここから見て取れるのは、

 これも一種のランチェスター戦略である、ということ。



 同戦略の理論では、弱者は一点集中・一点突破を、

 強者は広範囲・総合性での勝負を推奨しています。



 筆者はこの、弱者と強者の壁を超えるのと同じ構図を、

 ネットという無限の仮想展示場に見いだしたわけです。

『アマゾンを見てください。アマゾンは専門店ではありません。むしろ百貨店だから人が集まる。実店舗のように少ない台数しか展示できないなら、はっきりした特徴が必要でしょう。でも、いくらでも大量に展示できるとなれば、「うちは何でもそろってますよ」ということ自体が個性になりうる。』(p77)


 「判官びいき」という言葉があるように、

 日本人はとかく“弱者”を美化しがちな性質があります。



 弱者と言っても、単に貧困などの意味ではなく、

 規模的劣位に立つ小兵、といったニュアンスです。



 小兵にこそ妙や趣、個性があり、

 対する巨人は愚かな存在である――というステロタイプ。

 いうまでもなく、それは大きな勘違いですね。



 力技も技のうち。

 「柔よく剛を制し、剛よく柔を断つ」のですから。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


グーグルを驚愕させた日本人の知らないニッポン企業 (講談社+α新書)

山川博功 講談社 2016-11-18
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ