フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年02月08日

「大差のない」ことには悩まなくていい

 

仕事ができる人の「しないこと」リスト」 (中島孝志/三笠書房)より


『はっきりいいますが、

大差のない」ことには

 悩まなくていいのです。』(p82)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 たとえば、新しくスマホを選ぶとき。

 Androidにするか、iPhoneにするかで、

 何日も延々と迷い続ける人もいます。



 それはそれで個人の自由で構わないのですが、

 問題は「ウキウキと検討している」のか、

 それとも「クヨクヨと悩んでいる」のか、です。



 前者はともかくとして、後者に陥っている場合、

 「自分がその選択対象(スマホ)に何を求めるのか」

 が明確でない場合がほとんどではないでしょうか。



 電話して、メールやSNSをして、ネットサーフィンする、

 というだけなら、どちらを選んでも全く同じに充分。

 どうしても使いたいアプリが片方の機種でしか動かない、

 などであれば、とっくに決定しているはずです。

『「迷う」ということはどちらでもいいから迷うのです。どちらかに明らかなメリットがあれば迷うはずがありません。迷うのはどちらに転んでも同じようなメリット、デメリットがあるからです。そんなものはどちらを選んでも同じこと。ならば、さっさと判断して行動に移したほうがいいのです。』(p81)
『そして、走りながら考えればいいのです。もし、その結果、A案を採用したのが間違いで、B案が正解だったとすれば、すぐに軌道修正し、リカバーすることができます。つまり、「失敗に早く気づく」...迷って、いつまでも判断を先延ばしし、何かミスが起きたときにはもはや手遅れだった――ビジネスにおいては、これこそ最も危険なことであることを理解しなければいけません。』(p82-83)


 ひょっとすると、

 「実はどちらでもいい」ことに延々迷うのは、

 「全てに一切不満の生じない選択」を探し続けている、

 そんな深層心理の現れなのかもしれません。

 ある意味“完璧主義の亜種”とさえ言えます。



 もちろん、そんなものはどこに存在しません。

 いくら探したところで、時間の無駄なのです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


仕事ができる人の「しないこと」リスト (知的生きかた文庫)

中島孝志 三笠書房 2012-10
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ