フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年02月02日

「変な人」と思われたらチャンス

 

愛蔵版 図解 斎藤一人さんが教える驚くほど「ツキ」をよぶ魔法の言葉」(池田光/イースト・プレス)より


『「変な人」と思われたらチャンスです。

 世間と考え方が違うということ。

 自分なりの理屈があるということ

 ですから。』(p16)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「世間」という言葉は、確固とした実態があるようでいて、

 実は非常に曖昧模糊としたもの、とお気づきでしょうか。



 「世間」が指す具体的な対象を列挙してみれば、

 実際の知人や、メディアなどの伝聞話など。

 イメージに比して拍子抜けするほどの小範囲でもあり、

 実際に肌で触れたわけでもない曖昧なものでもあります。



 そしてなにより、「世間」とは常に移り変わるもの。

 商売などで流行を掴むのは大切なことです。

 だからといって自分の中の「世間」とのズレを否定し、

 常に排除し続けていては、かえって魅力がありません。 



 ある程度は世間に寄り添いはしつつも、

 コアな部分で世間とは一味違う――

 いうなればそのズレこそが、魅力の源泉です。

『変わらざるものを「不易」、移りゆくものを「流行」とよんで「不易流行」を唱えたのは、徘徊の巨星である松尾芭蕉です。
 経営においても、人生においても、不易の部分がないと、流行に流されてしまいます。』(p22)
『人の成功法を真似しても、それは所詮、他人のものでしかありません。そんなものは、排泄されたウンチと同じで、食ったあとの結果論なのです。
 そうではなくて、成功のポイントは、結果を生みだすもとの「考え方」にある』(p21)


 蛇足ですが、そんな「世間」とズレていることを、

 何かにつけて恐れる人もいるもの。

 それこそ本当の「世間知らず」と言えるかもしれませんね。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


愛蔵版 図解 斎藤一人さんが教える驚くほど「ツキ」をよぶ魔法の言葉 ―「日本一の大金持ち」が実践している、楽しみながらできる「非常識」な成功法則!(East Press Business)

池田光 イースト・プレス 2008-02-01
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ