フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年01月31日

絶望からはいあがらせるには最後通告が有効

 
「たった一言」の心理術 」(多湖輝/三笠書房)より


『絶望にうちのめされた人たちから

 相談を受けたとき、彼らを絶望の淵から

 はいあがらせるために有効だった言葉は、

 やはり“最後通告”だった。』(p95)





 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 最悪と言っているうちは、まだ最悪ではない、

 とはシェイクスピアの言葉。



 人生に愚痴や嘆きをはさめるのは、

 実はまだ余裕があるからこそ。



 本当の本気で余裕のない、

 二進も三進もいかない窮地では、

 「最悪だ」などと無駄口を叩く間に討死です。



 何はなくとも結露を切り拓くのが最優先、

 そう気づけるかどうかが、実に明暗を分けます。

『「いま、あなたには、二つの方法しか残されていません。この際、すっかりあきらめてしまうか。あるいは、何か決定して行動するか、どちらかに決めなさい」』(p95)
『正と邪、善と悪など、問題に二つの面しか認めないこの考え方には、問題を単純化しすぎて、人を誤らせるという批判もあるだろう。しかし、単純なるがゆえに、逆に、二値的説得法が功を奏して、人を絶望から救い発奮させることもあるのだ。』(p94)


 実際のところ。人が行動できない最大の理由は、

 「考えすぎる」からです。



 できない理由。失敗の可能性。

 経済的・肉体的・精神的損失の試算。

 それらを考えに考え抜いて、

 行動にブレーキをかけます。

 

 しかし人生は、行動でしか切り拓けない、

 というのがこの世の仕組み。 



 無駄に複雑な考えを捨て、思いを切って、

 つまり"思い切って“一歩を踏み出すために、

 この単純化――「究極の二択化」が有効なら、

 それはそれでうまく使いこなしたいものです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



「たった一言」の心理術―あなたの人生は「この言葉」で決まる (知的生きかた文庫)

多湖輝 三笠書房 2007-05
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ