フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2017年01月08日

いくら求めても充足できないものは、やめていい頃合い

 

準備が整った人に、奇跡はやってくる 」(ウエイン・W・ダイアー/三笠書房)より


『いくら求めても

 決して充足できないものは、

 もうやめていい頃合いです。』(p230)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「何かを欲しがってやまない相手に、

  それを欲しがるのをやめさせる方法」

 あなたは何か、思いつくでしょうか。



 古来から有効な手のひとつに、

 「もう嫌だと言うまで与え続ける」

 というものがあります。



 嫌になるということは、

 何かしらの不利益が生じたということ。

 

 肉体的・精神的な疾患かもしれませんし、

 経済的・社会的な失墜かもしれません。

 とにかく「これは損だ」と心底痛感したとき、人は、

 それを手放すことへの抵抗が、最小限になるものです。

『酒、タバコ、コーヒー、その他からだに悪いものは、いくら吸っても、飲んでも食べても、もう十分だ、もういらないということはありません。
 からだはそうしたものを求めていないのに...』(p230)


 上記は分限の内であれば、さして問題ありません。

 問題になるのは、分限を越えたとき。

 そして、容易く分限を越えてしまいやすいこと。



 また、誤解してはいけないのは、

 上記のような「肉体的摂取物」に限らない点です。



 愚痴、泣き言、悪口、文句、不平不満、

 陰口や皮肉や嫉妬や、傲慢や自己卑下など。

 

 いずれも心身に良いことは決してなく、

 不幸にもいったん習慣化してしまえば、

 いくら繰り返しても繰り返し足りません。



 もちろん、それらがきっかけで、

 人生でつまづき大怪我をする人もいます。

 そうして過ちに気づく人も少なくありません。



 が、「やめられない」「満たされない」時点で、

 実は既にサインが出ている――と謙虚に自覚すれば、

 学びの対価はずっと安くつくわけですね。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


準備が整った人に、奇跡はやってくる: あなたの毎日が好転する15の方法 (王様文庫)

ウエイン・W・ダイアー 三笠書房 2016-02-29
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ