フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年12月26日

間違いに気づいたら、その場で明るく謝ると人生楽しい


覚悟の法則―自分の人生は自分で決める」(弘兼憲史/PHP研究所)より


『間違ったと気づいたら、

 すぐその場で明るくあやまってしまう。

 そんな覚悟さえあれば人生は

 明るく楽しく過ごせる。』(p103)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 「叱る・叱られる」という行いは、

 「過ちから学ぶ・学ばせる」という目的のため、

 本来は行われるべきものです。



 この目的さえ果たせてしまえば、

 叱り言葉は当然、短ければ短いほどいい、

 というのは明白でしょう。



 が、中には時々、叱り叱られ両者で協力して、

 長時間延々と説教モードを引き伸ばすケースも。

 

 時間もエネルギーも無駄にするばかりで、

 人間関係にも悪影響――と、

 メリットは非常に乏しいのですが、どちらかが、

 「この不毛な協力を止めよう」と決心すれば、

 思いの外、すんなりと終息してくれるものです。



 ここで今日のフレーズが示しているのは、

 「叱られる側」からのアプローチですね。

『上手な叱られ方...一つの原則と三つのポイントがある。
 原則というのは言うまでもなく、いかに叱られる時間を短くするかということ。この一点に目標をしぼったらやるべきことは三つある。
 第一は、一切の言い訳をしないという腹をくくること。
 第二は、相手の目を見て全身で誠意を示すこと。...
 そして第三は、あまり多くのあやまり言葉を言わない』(p104)
『中には、あやまるとかさにかかって責めてくる上司もいる。
 こういう時こそ、この三つのポイントが生きてくる。かさにかかって責められたら、こちらも負けずにかさにかかってあやまってしまうのだ。向こうが理不尽に攻めてきたら、こちらは誠意でハネ返す。明るくふるまうといっても、ヘラヘラは禁物だ。反省は常に前面に立てておく必要がある。』(p105)


 いかがでしょうか。

 すぐに明日からでも使えると思います。



 ……だからといって。

 「わざと相手を怒らせて試してみよう」

 なんてことはオススメしませんよ?(笑)






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ