フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年12月25日

固定観念だけに囚われると悲劇を辿る


人を見抜く技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」」(桜井章一/講談社)より


『人間は、固定観念を持つ生き物だが、

 それだけに囚われてしまうと

 悲劇の道を辿ることになる。』(p129)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「固定観念」と「価値観」。

 “物事を自分なりに定義するフィルター”

 という意味では共通し、一見似通う両者ですが、

 決定的に異なる点があります。



 自分自身のものとは異質な“フィルター”を、

 認識・想像・あるいは許容できか否か。



 つまり、何かしらの他人の価値観が、

 自分のそれとは全く異なるからといって、

 「絶対あり得ない」などと一方的に否定するのは、

 ほとんどの場合、固定観念のなせるワザです。

『別の選択肢もあるのに、どうしてもひとつのものを選んでしまう。しかも、そういうことがままある。 ...固定観念に囚われ、「それしかない」と思い込んでいるのだ。答えは常にひとつしかない、というような強迫観念にも似た考えだ。
 そういう人は、「絶対」という言葉をすぐに使ったりもする。「絶対嫌です」とか、「絶対許せません」などと口にする。...大したことのないものにでも「絶対」を使うというのは、どこか精神的に病んでいる場合が多い。』(p129)
『若者が「あり得ない」という言葉を使うのをよく耳にする。なにかにつけて、「あり得ねー」と簡単に口にする。
 自分に対して都合の悪いこと、そういう類のものに、とても敏感になっているのだろう。...
 しかし、その「あり得ない」は、自分の都合でいっているだけでしかない。決めつけている部分があるのだ。「絶対」ほどには病的ではないにしても、ここにも固定観念の影が見え隠れしている。』(p130)


 「悲劇の道」などとは大げさな、

 と思われるかもしれません。

 が、先の「絶対あり得ない」を、

 友人知人に多用し続けたとしたら?



 会う度に否定の言葉を投げつけてくる相手と、

 交友関係を継続したいと思うでしょうか。

 そうしてやがて孤独になっていく――

 決して「絶対あり得ない」話ではない、

 と思うのですがいかがでしょうか。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


人を見抜く技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」 (講談社+α新書)

桜井章一 講談社 2009-01-21
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ