フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年12月19日

「もしも」は、無力と絶望のつぶやき

 

自助論 」(三笠書房/サミュエル・スマイルズ)より


『「もしも」という言葉は、

 無力と絶望のつぶやきにすぎない。』(p228)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 賢明なあなたは既におわかりと思いますが、

 ここでいう「もしも」とは「仮定」ではなく、

 「(現状・現実の)否定・否認・拒絶」を意味します。



 「歴史にifはないけれど、もしも……」と前置いて綴る、

 想像力(創造力)溢れた仮想のストーリーとは全く別物。

 

 「あれさえあれば」「これさえなければ」

 自分の思い通りになるはずなのに――という、

 今、目の前の現象を用いた創意工夫を忘れた、

 とんでもない視野狭窄であり、創造力の欠落です。

「もしも」は無能のつぶやきにすぎない』(p227)
気迫に欠けた若者は、「あんなことができたらなあ! こんなことが可能だったらなあ!」とため息ばかりつく。だが、願望だけでは何ごとも成就しない。その欲求に明確な目標を与え、それに向けて努力するべきだ。一〇〇〇回あこがれるより、たった一度でも勇敢に試してみるほうがずっと価値がある。』(p228)


 「若者」とありますが、

 もちろん決して若者に限った話ではありません。



 未来でも過去でもない、

 今この瞬間を生きるしかできないのは、

 老若男女問わず、誰一人の例外もなく皆同じ。

 

 そういう意味ではむしろ、老いて鬼籍に入るまで続く、

 人としての最大の課題の一つかもしれません。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

サミュエル スマイルズ 三笠書房 2002-03-21
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ