フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年12月16日

上手に力を抜ける人は、しっかりゆとり時間をつくる人

 

力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣」(古川武士/ディスカヴァー・トゥエンティワン)より


『上手に力を抜ける人は、

 安倍総理のようにしっかりと

 ゆとり時間をつくる人が

 多いのです。』(p174)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 一般的な事務系サラリーマンの、

 オフィスでの労働を観察したある研究によると。

 8時間の勤務時間の内、実際的な作業時間は、

 合計で3時間ほどに過ぎなかったそうです。



 では、残りの5時間はというと、

 たとえば手が止まっていたり、ボーっとしていたり、

 仕事に関係ないネットサーフィンをしたり。

 いずれにせよ、生産性という面では無駄な時間です。



 それをけしからんと思うか思わないかはさておき。

 大切なのは、人の集中力はそれほどまでに続かない、

 という事実です。



 もちろん程度の差こそありますが、

 人は誰でも、存分に集中力を発揮するためには、

 相応のアイドルタイムを必要とする、ということ。



 それは体力的なものというよりも、

 むしろ精神的な面での回復時間といえます。

『安倍総理が『海賊と呼ばれた男』(百田尚樹・著 講談社)を発売から間もないころに絶賛していたのを観ましたが、あの多忙な毎日の中で、小説を読む余裕をつくっているのです。
 そして、そのゆとりは自動的に生まれているわけではなく、意図してつくっているのでしょう。そうしなければ、政治・経済で国家の運命を決する判断が鈍ってしまうからではないでしょうか。』(p173)
『安倍総理の責任の重さや業務量を考えれば、私たちが余裕を持てないと主張するのは少し気が引けます。...
 私が見てきた優秀なビジネスパーソンは多忙な中でもゆとり時間をつくるのが上手でした。
 それが精神的な余裕になり、冷静な状況判断につながります。』(p174)


 より実力を発揮できている人ほど、

 実力を発揮するために必要な要因を、

 よく把握できている人、と言えます。



 それを意図的に作り出す術を身につけることは、

 「自分が本当にやりたいことをする」ためにも、

 決して疎かにできない挑戦ではないでしょうか。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣

古川武士 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2014-11-20
売り上げランキング : 45279
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ