フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年12月15日

人の器について学んだとすれば、一人では何も背負えないことだけ

 
ソードアート・オンライン(8) アーリー・アンド・レイト 」(川原礫/アスキーメディアワークス)より


『三世界での経験を通して、

 人の器なるものについて

 何かを学んだとすれば、それは

 《一人では何も背負えはしない

 ということだけだ。』(p358)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 器量がいい。度量が大きい。

 そういった認識が下される大前提は、

 「他者や世界との多彩な繋がりの中にいる」

 ということです。



 どんなに「器」が大きい人でも、

 中に注がれうる何かがない環境では、

 決してその大きさを測り知ることはできません。



 そして大抵、入れてみて初めて分かるのは、

 「自分の器の大きさなんて、たかが知れている」

 という感覚ではないでしょうか。



 しかし、謙虚で賢明な人ほど、

 そこから更に気づくようにできています。

 それでもこうして、どうにか歩めてこられた、と。

『銃の口径のことを、英語で《キャリバー》って言うのよ。...あとは、そこから転じて《人の器》って意味もある。』(p357)
『SAO、ALO、GGO三世界での経験を通して、人の器なるものについて何かを学んだとすれば、それは《一人では何も背負えはしない》ということだけだ。
 どの世界でも、俺は何度も挫けそうになりながら、多くの人たちに助けられてどうにか歩き続けられたに過ぎない。...
 だからきっと、俺の――いや皆の《キャリバー》とは、仲間全員で手を繋いでいっぱいに輪を作った、その内径を指すのだ。』(p358)


 通常、器の大きさは、内径と深さで決まります。

 そう考えれば、手の繋がりが増えれば増えるほど、

 長くなるほどに、器も大きくなる――

 一人では容れられないものでも、入る器ができあがる。

 先の引用は、とてもすばらしい喩えではないでしょうか。  





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


ソードアート・オンライン〈8〉アーリー・アンド・レイト (電撃文庫)

川原礫 アスキーメディアワークス 2011-08-10
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ