フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年12月13日

ぶつけた人間をにらみ返すと免責

 

日々の暮らしを楽にする」(小林正観/学習研究社)より


『ぶつけた人間をにらみ返した瞬間に

 免責されてしまいます。』(p121)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 免責、つまり「責を免れる」こと。

 よくあるわかりやすい例は、

 罪に対して罰をうけること、ですね。



 裏を返せば、罰という責めを受けることで、

 罪の重みから解放されるわけです。



 こちらに「ボールをぶつけた」相手に、

 「にらみ返す」という害意を送ってしまうと、

 「罪の重さ」が相殺される、という仕組み。



 「にらみ返して当然」とする世間の常識からは、

 決してこの力学は理解できません。

 しかし、理解できると、実はこれほど現実的で、

 なおかつ主体的なものもありません。
 
『絶対に投手を見ず、下を見ながら黙々と一塁へと歩いていく。それがぶつけた投手に一番こたえるということを僕は知っている』(p121)
『子供も同じなのです。仮に、子供が引きこもって家の中をぶらぶらしているとき、
「何で働かないんだ」
 と怒った瞬間、全部免責になります。親にそう言われれば言われるほど、働く気持ちはなくなり、結果として家にいることになります。
 ですから、親が何も言わずに笑顔で淡々と、
「好きなだけ家に居なさい」
 と言っていると、子供は、
「働かなくちゃいけない」
 という気持ちがわいてくるようなのです。』(p121-122)


 他人の行いや結果、現象に対して、

 反応的に返すのでなく、主体的に態度を選ぶ。



 相手や外部を変えようとするのではなく、

 自分自身のあり方をこそ選ぶ。



 家のイチロー選手と親子の例も、

 一貫して共通するのは、そういうことです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


日々の暮らしを楽にする

小林正観 学習研究社 2009-03
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ