フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年12月09日

熱意は準備の周到さに現れる



仕事のアマ 仕事のプロ──頭ひとつ抜け出す人の思考法 」(長谷川和廣/祥伝社)より


『仕事に対する熱意は、

 準備の周到さに表われる』(p45)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 たとえばスポーツや音楽などでも同じ。

 それらにおける準備とは、大部分が「練習」です。

 熱意もないのに練習を重ねられる人は、まずいません。



 そして、練習が充分でないのに、

 満足な演奏・満足な競技ができるプレーヤーも、

 まず存在しないのではないでしょうか。



 一般的な仕事においても、それは同じ。

 どんなに「熱意がある」と言葉でアピールしても、

 「じゃあやってみろ」「案を見せてみろ」

 と言われてから取り掛かるようでは、既に失格です。



 言われたその場で実演なり、企画書を出せる人こそが、

 本気だ、と看做されるのです。

『仕事のアマ 仕事に対する熱意は、熱意ある言葉に表われる
 仕事のプロ 仕事に対する熱意は、準備の周到さに表われる』(p45)
『仕事のプロは、仕事の熱意が、その仕事に対する「周到な準備」によって判断されるということをよく理解しています。ですから、彼らは数ヵ月先に動き出す予定のプロジェクトや、あるいは近い将来やりたいと思っていることに向けて、ひそかに、しかし着実に、「準備」をしています。...たった一枚のレポートから、発表者がそのプロジェクトに対して、どのような思いや気迫を持って臨み、準備したかが伝わってくると、私は、もはや半分成功したのも同然だというふうに考えます。そこに表された言葉は、簡潔であっても、宝石の輝きを放っています。』(p46)


 言葉よりも、行動。

 この世のいかなる場合でも、とみにビジネスの世界では、

 口先よりも働きそのものが問われますし、

 両者を取り違えて評価すれば、後で手痛い報いを受けます。



 プロとして既に上役にある人は、それを理解していますから、

 言葉でアピールする人には、その「真の熱意」を問うことを、

 決して忘れない――ということを、忘れないでください。

 




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



仕事のアマ 仕事のプロ──頭ひとつ抜け出す人の思考法(祥伝社新書227)

長谷川和廣 祥伝社 2010-12-01
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ