フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年12月04日

たいていは残業より早く来るほうが大変と「誤解」している



仕事のアマ 仕事のプロ──頭ひとつ抜け出す人の思考法 」(長谷川和廣/祥伝社)より


『たいていの社員は、

 四時間遅く帰ることよりも、

 一時間早く来ることのほうが大変だ

 と「誤解」している』(p158)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「スイム(遠泳)・バイク(自転車)・ラン(長距離走)」

 トライアスロンは、この順序でレースが進行します。



 これがもし、バイク・ラン・スイムの順だったら?

 最後の遠泳で、事故が多発することでしょう。



 どの競技もハードなのには違いありませんが、

 ある意味一番危険で厄介な運動を、

 最も気力体力に余裕のある内にこなすからこそ、

 残りの行程も続けていける、ということ。


 日頃の仕事や業務にも、似たようなことがいえます。
 
『もし、上司や仲間の覚えをよくしたいのであれば、始業時間より早く出社することをおすすめします。「一時間早く」で構わないのです。始業時間までにメールの確認や前日の残務整理をすませておけば、仕事は定時までに終わります。たいていの社員は、四時間遅く帰ることよりも、一時間早く来ることのほうが大変だと「誤解」しているので、誰も文句を言わなくなります。』(p158)


 まずは疲労が溜まっておらず、頭がクリアーな内に、

 済ませられることは済ませておく。

 特に朝早い内は、他に邪魔する要素も少ないので、

 日中なら煩雑な作業も、その捗り具合は雲泥の差です。



 当然、その後の平常業務に余裕ができ、

 その分、他の面での改善や創意工夫も可能になります。

 それが積み重なった時、どれだけの差になるか、

 正直、計り知れないのではないでしょうか。



 「仕事は段取り八分」といいますが、 

 ある意味これも、通じるものがあるように感じます。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


仕事のアマ 仕事のプロ──頭ひとつ抜け出す人の思考法(祥伝社新書227)

長谷川和廣 祥伝社 2010-12-01
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ