フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年11月23日

問題の見方こそが問題


7つの習慣 名言集」(スティーブン・R・コヴィー/キングベアー出版)より


『問題の見方こそが問題なのである。』(p100)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「エレベーターホール問題」

 という有名な話があります。

 

 あるデパートにはエレベーターが一基しかなく、

 しばしば待ち時間の長さで苦情が出ていました。



 ビル業者に解決策を相談しても、

 提示される案はエレベーターの増設。

 もちろん大がかりな工事が必要で、

 費用対効果において、とても現実的ではありません。

 

 この問題を解決したのは、先の増設のように、

 「今の環境こそが問題なのだ」と規定し、

 「問題を解決しよう」とする“ものの見方”ではなく。



 今の環境はほとんどそのままに、

 「問題が問題でなくなる」アプローチでした。

『「問題を一刻も早く解決してくれるような手っ取り早い解決方法はないだろうか」
 自らの問題に直面したとき、あなたはいつもこう思ってはいないだろうか。
 問題解決にあたって、こうした即効性ばかりを求める問題の見方こそが問題なのである。』(p100)
『人間関係(夫や妻、息子、娘、従業員との間など)において問題が発生すると、そういう人たちは、決まって「相手が理解していない」という言葉で表現する。』(p280)
『彼らが何をしているのか、何を怠っているかが問題ではなく、あなたがどういう反応を選択するか、あなたは何をすべきかが問題なのだ。
 問題は自分の「外」にあると考え始めたら、その考えをやめてほしい。その考えこそが問題なのだから。』(p124)


 ご存じの方もいることでしょう。

 その解決方法とは

 「ホールに大きな鏡(姿見)を設置する」

 ことでした。



 ただエレベーターを待つだけだった時間が、

 身だしなみを整えるためのレストタイムになった――

 つまり「問題が問題でなくなった」のです。



 これはすなわち、

 「もともと問題などそこにはなかった」という証拠。

 問題を作り出していたのは外部環境ではなく、

 その解釈・捉え方という内的要因だった、

 ということでもあるのです。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


7つの習慣 名言集

スティーブン・R・コヴィー キングベアー出版 1999-04
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ