フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年10月26日

競争でなく共創を目指す

 

戦略的な考え方が身につく本 」(西村克己/中経出版)より



『「競争ではなく、共創を目指せ」

 という考え方があります。』(p70)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 1+1=2になるのは、算数・数学でのお話。

 仮に全く同じ能力・感性・特性を持つ二人が組んでも、

 1+1=2どころか、1以下にすらなりかねません。



 互いの得意も発想も被っていて、

 ある種の“化学反応”が起こり難いばかりか、

 どちらを通すかで足を引っ張り合いかねないからです。



 もちろん相性や人格の好悪にもよりますが、

 人間関係で1+1が2以上になりえるのは、

 各々の1が、個別の・個性的な1である時だけです。

『勝ち負けで判断したり、人の揚げ足を取ろうとするのは、一考を要します。「競争ではなく、共創を目指せ」という考え方があります。共創する(共同して創造する)ためには、他人のモノマネではなく、自分自身の強みや魅力を伸ばして、他人と補完し合える関係を目指しましょう。』(p70)


 そもそもとして、人が組織をなすのは、

 欠点や死角を補い合い、互いに生存・発展するため。



 かのドラゴンクエストでも、

 「勇者・戦士・僧侶・魔法使い」

 の組み合わせが最も推奨されるのは、

 各々に得意分野が違い、それにより補い合えるからです。



 戦士が、

 「俺は魔法や回復呪文が使えないからダメなんだ」

 と自信をなくして後ろに引っ込んでしまったり。

 はたまた魔法使いが、

 「私は最強魔法が使えるから、勇者も戦士も不要よ」

 と単身最前衛に躍り出てしまえば、どうなるか。

 

 もちろん多少の競い合い、

 互いの刺激になる範囲の競争はいいのです。

 それが、「ただ己が勝つため」になると本末転倒。

 

 あなたの乗る“チームという船”は、

 あなたの何で浮かび、推進していられるのか。

 卑屈や傲慢という錐で、船底に穴を開けてしまう前に、

 きちんと確認したほうが良いのかもしれません。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



戦略的な考え方が身につく本 (中経の文庫)

西村 克己 中経出版 2006-10-03
売り上げランキング : 729558
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ