フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年10月21日

一粒万倍とは、いわば社会的責任

 
カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言2」(村上龍/日本経済新聞出版社)より


『「一粒万倍」というのは

 もともと仏教用語なのですが、

 それは言ってみれば

 社会的責任ということですよね。』(p237)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「一粒万倍」よりもむしろ、

 暦における「一粒万倍日」のほうが、

 よく知られているのではないでしょうか。



 一粒の種籾が万の実をつける稲穂に成長することから、

 物事を始めるのによい日、とされています。



 さて。仮にこの現象が確実に起こるものと仮定して。

 たとえば毒草の種を蒔いたとしたならどうなりますか?

 

 「一粒万倍日」は、あくまで暦という、

 人が定めたものの上での話。



 実際に私たちに起きる「一粒万倍」現象は、

 その人自身、私たち自身を生かしている、

 「天の運び」によってもたらされる、不可知のもの。



 あるいは今日、この後すぐにでももたらされかねない、

 ある意味、最高に油断ならないものでもあります。
  
『「一粒万倍」というのは。一粒の種を蒔いて、もし良ければ、それをお客さんが万倍にして返してくれる。でももし一粒、悪い種を売れば、それも万倍になって返ってくるということです。だから種屋の商売というのは恐いものなんだよ、信用信頼がなければ種屋の商売は続かないよ、という戒めです。種は見た目で良いか悪いか見極めはつきません。畑に植えて、生長させて、収穫して、初めて農家の人や消費者に満足してもらえるものができるかどうかがわかる。やはりそれだけの責任を持たないといけないというのが、その精神なんです。』(p237)

  
 上のコメントは、

 タキイ種苗株式会社社長・瀧井傳一氏によるもの。

 「種物屋」という「一粒」頼みの商いの中で、

 真摯に受け継がれ、培われた智慧、そのものです。



 種屋ではない私たちにとっても、

 「自分の行いは、必ず何かしらの形で自分に返る」

 という宇宙的原則は、一切の差別なく働きます。



 必ず帰ってくる以上、何を行うかは自分で決められます。

 決められないのは、その倍率。

 一倍かもしれないし、八十八倍かもしれなければ、

 万倍かもしれない――もちろん、良くも悪くも。

 

 ある意味ロシアンルーレット的な怖さもありますが、

 むしろ、だからこそ、「善なる種」を蒔く意欲も、

 より続くのかもしれません。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言2 (日経ビジネス人文庫)

村上龍 日本経済新聞出版社 2013-06-04
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ