フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年10月16日

ゲテモノとホンモノは紙一重

 
思うままに生きる 100歳の言葉」(日野原重明/PHP研究所)より


『いまのあなたの絵は

 ゲテモノに違いないけれど、

 ゲテモノとホンモノの差は

 紙一重です。』(p95)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 画家の故・片岡球子さんは、

 富士山の絵を描き続けたことで知られるそうです。



 実はその名を私は知りませんでしたので、

 googleで画像を検索してみたところ……

 なるほど確かに、極めて独特であり、

 そして非常に力強いタッチと感じられます。



 もちろん、単に独特なだけでは、

 画家として大成しなかった可能性が高いでしょう。

 独特な上で――画風以上に生き様として、

 パワフルに突き抜けたからこそ道が拓けた。

 そのように思えてなりません。

『「もうお前いいよ」と富士山が言ってくれるまで描き続けます。』(p94)
『明治三十八年(一九〇五)一月五日に生まれた球子...その強烈な個性の絵は「ゲテモノ」と評価され、本人もずいぶんと悩む。
 師匠の小林古径に教えを乞うと、
「いまのあなたの絵はゲテモノに違いないけれど、ゲテモノとホンモノの差は紙一重です 。画風を変えてはいけない」と励まされる。...
 飽くことを知らない執念の取り組みで...私は私の絵を描く、といいつづけた生涯は二〇〇八年(平成二十)一月十六日、百三歳で閉じられた。』(p95)


 へんな例えですが、

 クサヤやシュールストレミングなども、

 その臭さで突き抜けているがゆえに、

 熱狂的な愛好者が存在しているのです。  



 「ゲテモノ」であるということは、

 少なくとも「ニセモノ」ではない、

 ということでもあります。

 

 そこから「ホンモノ」として昇華するかどうかは、

 まさに紙一重にも似た壁を抜けられるかどうか――

 ただその一点にかかっているのでしょうね。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


思うままに生きる 100歳の言葉

日野原重明 PHP研究所 2015-06-12
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ