フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年10月11日

循環こそエネルギー本来の姿

 
上機嫌の作法 」(齋藤孝/角川書店)より



循環していることはそれ自体、

 エネルギーの本来の姿です。

 疲れるからやらない、

 かったるいからやらないでは、

 循環が起こりません。

 疲労が蓄積するだけ

 なのです。』(p163-164)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 「エネルギー」と聞くと、いわゆる燃料や、

 電力・火力・風力などの資源エネルギー、

 あるいは人の行動に繋がる活力などのこと、

 と受け取るかたが圧倒的に多いと思います。



 しかし根本的な意味では、

 この宇宙にエネルギー“ではないもの“は“ない”、

 ということをご存知でしょうか。



 量子力学でいえば、すべては素粒子でできています。

 素粒子は粒であると同時に、波でもある――

 つまり素粒子、ひいてはすべての存在は、

 常に必ず(広義で)“運動”していることになります。



 ……すみません。少し話が逸れました。



 エネルギーでないものはない、というのは、

 形の有無、五感の種類や内外を問わず、

 「え? そんなものまで?」と思うものさえもが、

 “運動”するエネルギーである、ということ。



 たとえば、今あなたが見ている文字・文章も。

 はたまた、あなたが口にし、耳にする音声も。

『会話をキャッチボールに譬えることがよくありますが...無反応な人を相手にしていると、話しては非常に疲れるものです。うまくレスポンスして返してくれる、少なくとも理解や共感を持っているという頷きがあれば、まったく疲労せずに済むものです。』(p163)


 ところで。

 たとえば、LINEにおける既読スルーを問題にする人は、

 「エネルギー循環」の停滞に敏感であるのと同時に、

 循環を「他人との間」のみに依存している人、といえます。



 キャッチボールには、ボールを受け取る、

 イコール、ボールを手に持つのが不可欠なはず――ですが。

 自分が「ボールを持っておく」ことができない人ほど、

 相手が「ボールを持っている」ことを、許容できません。



 本当は、手の中でボールを転がしたり、

 お手玉したりしてもいいのです。

 それはいわば「ボールとの循環」であり、

 ひいては「自分自身の循環(自己循環)」。

 そうできる余裕と主導権は、本当は誰にでもあるのです。



 お手玉も長じれば、ジャグリングの大道芸となって、

 周囲へ大いに「投げかける」ことにもなります。

『人は会話のキャッチボールの中で、お互いの気分を高めあってゆくのです。...
 エネルギーを上手にキャッチボールし、交流によって気分を高める。誰かそういった人がいれば一番ですが、何を媒介とすれば、自分の循環がうまくゆくかを確かめましょう。たとえば楽器は、自分のからだの動きが音として跳ね返ってくる。大変に気持ちのいいものです。
 カラオケというのも、なかなかに力のある文化です。』(p164)


 趣味に没頭して、たしかに疲労したはずなのに、

 実感として心身ともに充実している――

 という経験はありませんか?

 

 これもまさに、趣味(または自己)との、

 活発なエネルギー循環が起きていたという証。



 逆に言えば、もし今後、あなたの気分や調子、

 はたまた運気といったものが落ちている、と察したら。

 その時はエネルギー循環が滞っている証です。



 そこで「循環を高めよう」とする視点・発想を持てるなら、

 また一段、あなたの人生への活力は増してくるはずなのです。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


上機嫌の作法 (角川oneテーマ21)

齋藤孝 角川書店 2005-03
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ